埼玉グランドホテル本庄の朝食バイキング

グルメ

ゴールデンウイーク の2日目から3日目にかけて、埼玉グランドホテル本庄に宿泊しました。高崎線本庄駅の駅前にあるホテルです。

本庄駅は1883年に開業した歴史のある駅です。1915年から1930年にかけては、本庄駅から八高線の児玉駅まで本庄電気軌道の路面電車が走っていた時期もあるそうです。本庄駅が開業する前も、江戸時代には中山道の最大規模の宿場町として栄えました。

埼玉グランドホテル本庄は、この地域ではとても高い建物で客室は11階でした。

埼玉グランドホテル本庄

朝食は二階の会場で午前6時半から8時半にかけて食べられます。バイキング形式になっていました。最近、比較的安価なホテルではバイキング形式のところが本当に増えたと思います。スタッフの配膳の手間が少なくて済むことと、お客さんの一定の満足度が得られやすいというところにメリットがあるのでしょう。

会場は広いので満席になるような心配はまったくありませんでした。壁際にL字型に料理が並んでいます。

全て少しづつもらってくるとこんな感じになります。

サラダはサニーレタス等でかさばる葉っぱ系なので、あまりお皿に盛ることができませんでした。

サラダはこの後、お代わりもしました。このサラダ、美味しいのでどんどん食べられます。

炭水化物控えめにしているので、今回はご飯は食べませんでした。

お味噌汁は自分で先に具を入れて後から味噌汁を注ぐタイプです。ついつい具沢山にしてしまいます。

納豆は普通の個別包装になっているタレ付きの容器でした。ヨーグルトは小さなカップの底の方に少しだけです。

ウインナーと焼き魚です。

目玉焼きは容器の中に入った珍しいタイプでした。

フルーツポンチです。

コーヒーは部屋に戻る時に蓋をつけて持ち帰ることもできます。

朝からお腹いっぱいになりました。ごちそうさまでした。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント