ヘリテイジリゾートの四季の湯温泉へ行きました(2回目)

ヘリテイジリゾートの四季の湯温泉

ヘリテイジリゾートの四季の湯温泉に行きました。前回は昨年の12月頃に行きましたので、これで2回目になります。今回も日曜日限定で実施されているお寿司の食べ放題が目当てです。前回は関越自動車道を使って行きましたが、今回は一般道を使っていきました。「東京都道・埼玉県道36号保谷志木線」を使って西東京から志木まで行き、国道254号線に出て、富士見川越バイパスで川越、さらに国道254号線を走り東松山、森林公園方面に行きました。


途中、なめがわ温泉スパ花明かりという施設の横を通り、さらに5Kmほど真っ直ぐに行くと、ヘリテイジリゾートの入口に着きます。ここから坂を上がっていくと、ヘリテイジリゾートの正門になります。前回来たときにはこちらに係の人は立っていませんでしたが、今回は立っていました。「どんなご用ですか?」と聞かれ、「温泉に行きたい」ことを告げると、日帰り温泉で判子を押して貰うための紙を渡してくれて、駐車場の方向を教えてくれました。

ヘリテイジリゾートに到着したのは午前10時30分頃です。日帰り温泉の四季の湯は午前10時から空いていますので、すぐに四季の湯へと向かいました。

駐車場から四季の湯へと続く小道には、寿司食べ放題ののぼりがらくさん立っていました。

寿司食べ放題ののぼり

やがて四季の湯温泉の建物へと着きます。

四季の湯温泉の建物

こちらの玄関から入っていくと、係の人が出てきてくれて、靴をそのまま預かってくれました。そして、受付をします。寿司食べ放題のプランをお願いしますと言うと、ロッカーキーを渡してくれました。そして、タオルセットの引換券をもらいます。

また、お寿司を食べる予約時間を聞かれました。最も早くて、午後の12時15分からになるようです。前回来たときには10時の開店時間と同時に入館して11時30分の初回の分が予約できましたが、入館が30分遅れただけで、予約時間が45分間繰り下がったことになります。やはり、かなり人気が集まっているようです。
玄関ロビーはかなり広くなっています。

四季の湯温泉の玄関ロビー

こちらはお寿司食べ放題の会場となる大広間です。

お寿司食べ放題の会場となる大広間

12時15分までまだ時間がありますので、最初にお風呂に入ることにします。温泉へは長い廊下でつながっています。

温泉へと続く廊下

温泉へ続く廊下

そのうち廊下は地下へ下りていくようになります。

地下を進む廊下

そして階段を少し上っていくと、タオルや館内着の交換所になります。お寿司食べ放題のコースには館内着が付きませんので、こちらでタオルを受け付けます。

前回来たときには水着を持ってこなかったので、水着専用エリアには行かなかったのですが、今回は前回の反省をいかして水着を持ってきたので、最初に水着専用エリアの方へ行ってみました。こちらの水着専用エリアは露天風呂のエリアを奥まで通り抜けていった先にあります。

まず行ってみて驚いたのは、そこに大きな滝が流れ落ちてきていることです。この滝、スケールが大きいので、人工的に作ったものではなく、自然に昔からある滝を利用しているのではないかと思います。この滝のおかげで、あたりにはマイナスイオンがたくさん漂っている感じがして、とてもさわやかです。

浴槽は女湯の入口に近い高いところに絶景風呂が一つ、こちらの浴槽は熱めのお湯になっています。この絶景風呂から流れ落ちたところに浴槽が一つ、その左側に浴槽が一つ、そして滝の前に大きめな浴槽が一つあります。この滝の前にある大きめのお風呂はお湯の温度がぬるめになっていて、ゆっくりとお風呂に入っていることが出来ます。ずいぶん、こちらで長湯をしてしまいました。

泉質はナトリウム―塩化物温泉(高張性・弱アルカリ性温泉)です。この記事は同じ日の午後9時頃に書いているのですが、いまだに身体中がポカポカします。源泉掛け流しではなく循環になっているようでしたが、温泉の効果はかなりありそうです。

11時過ぎになると、ドリンクコーナーがオープンしました。こちらではビールに人気が集まっていて、お風呂に入りながらビールを飲んでいる人がたくさんいました。この日はクルマを運転してきたのでビールは我慢です。

滝の前のぬる湯でゆっくりしていたら、お寿司の時間が近づいてきてしまいました。内湯に戻って、身体を洗って、急いで服を着て大広間に行きました。お寿司については次のエントリーで紹介します。

ヘリテイジリゾートでお寿司の食べ放題
ヘリテイジリゾートの四季の湯温泉でお寿司を食べました。こちらのお寿司食べ放題は入浴料込みで大人が1980円ととてもお得な値段の設定になっています。朝10時30分頃に受付をすると、ランチの時間は12時15分からとなりま...

お寿司をお腹いっぱい食べたあと、またお風呂へと戻りました。そして、今度はサウナを楽しみました。サウナは露天風呂のエリアにある建物の中にあります。そんなに規模は大きくなく、5人くらいが入るといっぱいになってしまいます。温度は80度くらいに調整されていました。また、サウナの入口には樽の中に塩がたくさん準備されていて、身体に塩を塗り込んでから入るようになっています。今回はサウナの1段目に入っていましたが、そんなに熱すぎることはなく、最初に入ったときには15分くらい入っていることが出来ました。汗もたくさん出てきて気持ちが良かったです。

そのあと、一通りのお風呂に入って、ヘリテイジリゾートをあとにしました。こちらを出たのは午後2時過ぎでしたので、3時間以上は滞在していたことになります。ゆっくりと出来て、とても良い施設だと思います。また、機会を作ってこちらに来たいと思います。

公式サイトはこちらです。

埼玉県熊谷の天然温泉リゾート ホテルヘリテイジ【公式】
埼玉県熊谷の天然温泉リゾート ホテルヘリテイジの公式サイトです。豊富な客室タイプは全部で250室。日帰りでも利用できる四季の湯温泉は首都圏最大級。里山自然体験ツアー。ウエルカムベビーのお宿認定。

コメント

タイトルとURLをコピーしました