千歳烏山の松軒中華食堂で冷やし坦々麺

先日、京王線の千歳烏山駅に行く機会があり、駅の北側に面している松軒中華食堂に行きました。こちらは、牛丼チェーンの松屋が出店している中華屋です。

店内は明るい雰囲気でジャズが流れていました。カウンター席とテーブル席があります。テーブル席は基本は2人がけですが、4人のお客さんには2つのテーブルをつけることで対応しているようでした。

2人だったのでテーブル席を利用したのですが、「メニューはそちらにございます」と案内してもらったのですが、「そちら」の方向にメニューはありません。テーブルの下に隠れるようにありました。

この日は朝から暑かったので、冷たいものをということで、冷やし坦々麺を選びました。

夏季限定のメニューです。特に発売期間は具体的には決めていないようなので、天候を見て終売時期を判断するのでしょう。

三点セットを選んだ1人で来ていたお客さんがいたのですが、先に一点だけが届けられて、「ここはフルコースみたいに1つずつ出すのか! 一緒に持ってこないのか!」と大きな声で怒っています。店員さんは「作り直しましょうか?」と対応していましたが、「いい」と言いながらお客さんは食べていました。お店の中の雰囲気が一気に悪くなりました。

残りの料理も提供された時も、また店員に大声で文句を言って、結局は最初に提供された料理を作り直させていました。店員は平謝りでしたが、出来上がった順番に出すことが気に入らないお客さんは店に来てもらわなくて良いのではないかと思います。

冷やし坦々麺は味付け卵、メンマ、トマト、ほうれん草などが載っています。

美味しそうに出来上がっています。

茶色のところはお味噌と挽肉が絡めてあります。結構辛いです。

よく味が染み込んでいて、美味しい卵でした。

野菜もたっぷりで、夏にはぴったりのメニューです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
グルメ
スポンサーリンク
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント