三鷹の「いしはら食堂」でお得価格の美味しい定食

4.5

日曜日の夕方5時過ぎ、とても久しぶりに、三鷹の「いしはら食堂」に行きました。このお店、信じられないような庶民的な値段と美味しさで定評のある定食屋さんです。地元の人はもとより離れたところに住んでいる人も、いしはら食堂を目当てに来る人も多いです。三鷹駅南口から歩いて10分強のところ、「さくら通り」という道を歩いて行った場所になります。

8月からとても暑かったり、雨だったりで、週末に井の頭公園の散策などがなかなかできなかったのですが、この日は午後3時を過ぎた頃から晴れ間が広がってきて、しかも25度程度と散歩には最高のコンディションでした。

日曜日の夕方に訪問

井の頭公園や吉祥寺あたりを散策し、その足で「いしはら食堂」に立ち寄りました。

いしはら食堂

定休日は土曜日なので、日曜日はしっかりと営業をしてくれていました。

いしはら食堂

店内の様子

店内は夕食にはまだ時間が早かったので空いていました。

いしはら食堂の店内

新型コロナウイルスの感染拡大対策も実施されています。カウンター席やテーブル席には隣の席との間にアクリル板があります。

こちらは、テツandトモのサインです。

テツandトモのサイン

メニュー

さっそく、メニューを見てみました。

いしはら食堂のメニュー

今日の夕食

今回は、鯖の味噌煮、目玉焼き、定食の組み合わせです。ちなみに、定食というのは任意のおかずに組み合わせられるもので、ご飯、味噌汁、おしんこのセットです。定食は240円です。ご飯の大盛は50円ましです。これだけの料理の組み合わせで590円というのは嬉しい限りです。

目玉焼き 鯖の味噌煮 定食 いしはら食堂

さばの味噌煮

さばの味噌煮は優しい味付けです。骨まで食べられるというわけではありませんでしたが、ポロポロと骨が身から取れたので骨が多くて食べにくいというほどではありませんでした。

鯖の味噌煮

目玉焼き

目玉焼きは名前の通りに卵2個分、オレンジが付いているのが嬉しいです。

目玉焼き いしはら食堂

レバニラ炒め

こちらはレバニラ炒めです。

レバニラ炒め いしはら食堂

しゃけ焼き

こちらはしゃけ焼きです。

しゃけ焼き いしはら食堂

ごちそうさまでした。

扇屋食堂が閉店

いしはら食堂から見て信号を挟んで斜め向かい側に扇屋食堂という、これまた庶民的な定食屋さんがあるのですが、こちらが2021年8月27日に閉店してしまったそうです。いつか、絶対に行きたいと思っていのですが、思ってるだけではダメですね。とても残念です。

三鷹 扇屋食堂

扇屋食堂 閉店のお知らせ

いしはら食堂の2016年のレポート

ここからは2016年に訪問したときのレポートです。

【2016年4月8日公開】

最近、テレビでもときどき紹介されるようになった三鷹市の「いしはら食堂」に行きました。こちらのお店、まるで昭和の時代かと目を疑いたくなるような値段でご飯を食べることができます。

昭和50年に元々ラーメン屋だったお店を引き継いで営業を始めたとのことです。今の建物は平成5年に建て替えたものです。それ以来、2019年10月の消費税増税まで値上げをしてこなかったというのですから凄いです。

お店の場所

三鷹駅の南口を下車し歩くと15分弱程度の距離の場所です。中央通りを南に少し歩くとスクランブル交差点があり、ここを左に曲がります。さくら通りという道でずっと昔は品川用水という水路が流れていました。

この道を道なりに進み、しばらく歩いたところの左手にあります。

メニュー

お店の外にメニューが貼ってあるのですが、本当に安いです。目玉焼き120円、タマゴ焼120円、ハムエッグ170円、さばの味噌煮180円などのメニューが並びます。

隣にはコインパーキングがありますので、クルマで行っても大丈夫です。

店内は普通の定食屋さんです。

中華そば「江ぐち」、孤独のグルメなどの原作者で知られる久住さんのサインがありました。

店員さんがお茶を持ってきてくれました。調味料は醤油、ソース、一味、胡椒、塩などが並んでいます。

メニューは壁に貼られている札を見ます。信じられないほど多くのメニューがあります。値段の部分がところどころ白い紙で書き換えられています。

今まで何回にも渡り消費税の増税が行われてきたので、その分の値上がりがあったのではないかと推察しています。それでも十分に安い価格です。

おかずの他に「定食」を選ぶと200円を追加することで、ライス、味噌汁、お新香が付いてきます。好きなおかずに「定食」を追加すると、××定食が完成します。

料理が到着

今回はご飯を控えめにするために、定食は選ばずにライスの小を注文しました。120円です。

こちらは150円の目玉焼きです。自分の家で料理を食べているような、ほっこりとした気分になります。

実は目玉焼きの下には千切りキャベツとオレンジが隠れています。

スタミナ炒めです。300円でした。こちらも気取った感じがなく、家で食べる料理のようです。レバとニラを見ていると、確かにスタミナがつきそうで、味も濃い目についているので、ご飯がよく進みます。

 

【平成29年2月24日追記】

たけしのニッポンのミカタ

テレビ(たけしのニッポンのミカタ)を見ていると、いしはら食堂が出てきました。朝5時から開店していて、メニューが豊富、そして値段が安いことを説明しています。

朝5時にオープンすると、出勤前の久我山高校の先生や徹夜明けのタクシー運転手などがひっきりなしにやってきます。

忙しいお昼時には、揚げ物、焼き物などを一気に調理します。昼間の休憩時間には三鷹駅南口の三平ストアで買い出しをしていました。

常連さんには小皿の一品サービスがあります。お店のお客さんの半分は常連なのだそうです。78歳の石原さんは16時間も仕事をし続けて、閉店間際にはとても疲れているようでした。そして、午後8時には閉店となります。

閉店!?

いしはら食堂が閉店するという話がTwitterで話題になっていました。一時期、こんな貼り紙が貼られていたようです。

ただ、その後の情報も探してみると、営業を続けてくれているようです。良かったです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました