川崎市民ミュージアムのレストラン「3104」

グルメ

川崎市民ミュージアムのレストラン「3104」

川崎市民ミュージアムに行って13時過ぎになってお腹がすいたので、併設されているレストランに行ってきました。3104という名前で先月新しく出来たお店のようです。店内はいくつもテーブルが空いているのですが何故か机の上の皿が片付けられていません。ここで嫌な予感がしましたが、そのまま入口のところで待っていました。レジのところでは何かを整理している店員がいましたが、なかなか案内をしてもらえません。そのまま待っていると、お店の中にある空いている4人がけのテーブルに案内されました。すぐにメニューを手渡されました。

日替わりランチのメニュー

そこで待っていると、5分ほど待ってから何故か?お茶を一つだけ持って店員がやってきました。日替わり定食を2つ頼みます。すると店員はそのまま戻っていきました。このお店、半円の弧の部分に出来ているので、店員が凄く歩かなければいけません。レジと厨房はそれぞれ弧の逆側どうしにあるので、店員の移動距離はかなりすさまじいものとなっています。また、店員教育も行き届いていません。ばたばたと店内を走り回っている割には、テーブルの上の食べ終わった皿を一向に持って行く気配がありません。手ぶらで平気で厨房に帰っていきます。


その上、料理が全然出来ません。私の前に来ている人にも料理が運ばれてこないので、数組のお客さんが店員を呼んで状況を確認していました。入店してから10分くらい経ってから、お茶がもう一個出てきました。催促もしていないのに、お茶を出していないことをまだ覚えていたというのが、逆に驚きました。怒る気にもなれません。

そうこうしているうちに、今度は団体のお客さんが来ました。8人のお客さんが4人テーブルの2つにわかれて座りました。そのあとにもお客さんが何人か来ます。おのおのテーブルについて、料理を注文して待っています。やがて、待ち始めてから20分が経過しました。当然、店員からは何も説明はありません。相変わらず、3人の店員がフロアーを右往左往しています。怒りを通り越して逆にこの先どうなるのかが気になってきました。

そして、待ち始めてから30分が経過する頃になり、しびれを切らした団体のお客さんが出ていってしまいました。店員はしきりに謝っていましたが、特に団体のお客さんは怒る様子も無く出ていってしまいました。別の店員は食べ終わったお客さんが出ていくものと勘違いしてレジのところに先回りしてスタンバイしています。あまりにも空気がよめていません。

別のテーブルの席に座っていたお客さんが「醤油を持ってきてほしい」と店員に頼んでいました。その店員はそのまま厨房の方に行った後、何故か別の店員と一緒に日替わり定食の外に出してある看板をしまいに行ってしまいました。看板をしまったあとに先ほどのお客さんに、「醤油を持ってきて」と再度催促されています。すると、また厨房に行って、今度はよやくソースを持ってきました。

その直後に後から来たお客さんのところに料理が運ばれてしまいました。私たちが頼んだのと同じ日替わり定食です。きちんとオーダーを受けた順番をフロアのスタッフが管理できていないようです。店員さんが通りかかったので、順番の間違えを指摘すると、また厨房に戻っていき、5分くらい経ってから「すみません」と謝りに来ました。しかし、定食はまだ出てこないようです。

待ち始めてから40分が経過した頃でしょうか。やっと、日替わり定食が1セットだけ運ばれてきました。しかし、コロッケにかけるソースがありません。ソースを店員にお願いすると、また厨房に戻っていきました。そして、5分後くらいにもう一つの定食を持ってきました。しかし、ソースは持ってきませんでした。ソースをもう一回頼むと、ようやく今度はソースは持ってきてくれました。

運ばれてきた日替わり定食はこちらです。本当は700円なのですがオープンしてから1ヶ月間は100円のキャッシュバックがあります。このセットが600円で食べられるというのはかなりリーズナブルだと思います。

日替わり定食

コロッケはサクッと揚がっていて、刺身もなかなか美味しいです。この日替わり定食そのものは、とてもお勧めだと思います。

結局、席についてから食べ終わるまで1時間くらいかかってしまいました。そのうちの40分が待ち時間です。フロアーのスタッフが慣れていないこと、厨房で料理が間に合わなかったことが混乱に拍車をかけてしまったようです。食事そのものは美味しいので、混雑時のシステムを改善することで、ずいぶん良くなるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント