「炭焼きステーキくに」に行きました

炭焼きステーキくに

イオンモール武蔵村山ミューに子どもと映画を、見に行ったあと、お腹もすいたので、一階のレストランがあるフロアに行きました。


いくつかある店舗の中で、子どものリクエストで、ステーキのお店に決定しました。炭焼きステーキ くに というお店です。こちらのお店は調べてみると、ペッパーステーキの系列のお店のようです。しかし、ずいぶん雰囲気が違いますので、まったく系列店とは気がつきませんでした。全体的にお店は白で統一されており、宮殿の中をイメージしているようです。

お店の前では、十数人のお客さんが椅子に座って待っていました。ずいぶん、人気のあるお店のようです。お店の前には、1000円の300グラムステーキの看板がありました。ライスもついてくるようです。これはお得なので、このステーキを食べることにしました。ワイルドジューシーカット厚切りステーキという名前のようです。

15分ほど待っていると順番が回ってきました。一番奥の方にあるテーブル席に案内されました。ランチのメニューに300グラムのステーキがのっていました。

ワイルドジューシーカット厚切りステーキのメニュー

私はこれを注文します。子どもは980円の和風おろしハンバーグのセットを注文しました。

最初に子どもが頼んだメニューのサラダやスープが運ばれてきたものの、店内がとても混雑しているせいか、なかなかステーキが運ばれてきませんでた。ステーキを焼く場所が周りからよく見える場所になっていて、一種のエンターテイメントとなっているのですが、ここが逆にネックになってしまっているようです。

15分ほど待っていると、ステーキが運ばれてきました。

ステーキ くに のワイルドジューシーカット厚切りステーキ

本当に分厚いステーキです。ナイフで切りにくいときのために、ハサミまで運ばれてきました。

ステーキを切るためのハサミ

店員さんから促されるまま、紙エプロンをつけていると、店員さんがステーキの上からステーキソースをかけてくれました。激しくジュージューといっています。

運ばれてきたときにはジュ-ジューといっていますが、まだ、中までは火が通っていない状態で運ばれてきました。好みに応じて、鉄板プレートで焼けばよいようです。そのまま、ちょうど良いくらいになるように焼いて、一切れ食べてみました。

肉の味が凝縮されていて、なかなか美味しいです。ただ、冷えてきたところは、かなりかたくなっていました。この値段なので、肉質的にはこれは致し方ないことなのでしょう。ハサミでジョキジョキと切って小さめにすると食べやすくなります。

肉のボリュームは300グラムということもあって十分すぎるくらいの量がありました。肉厚なので、満足感も高いです。肉をガッツリと食べたいときには、こちらのステーキは良いと思います。

こちらは、子どもが注文した和風ハンバーグステーキです。

和風おろしビーフハンバーグ

子どもは美味しそうに完食してしまいました。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
グルメ
スポンサーリンク
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント