絹の道資料館に行きました

シェアする

絹の道資料館

鑓水から国立方面にクルマを走らせていると、「絹の道資料館」という看板があります。どんな資料館があるのか以前から気になっていたのですが、今回は時間に余裕がありましたので、寄ってみることにしました。

絹の道資料館|八王子市

少し細い道を走っていく形になります。

絹の道

スポンサーリンク

絹の道資料館の駐車場

建物の裏には数台のクルマを停めることができる駐車場があります。駐車場に入ることが出来る道は細く、案内も小さいので注意してクルマを走らせる必要があります。

駐車場への入口

こちらが駐車場です。

絹の道資料館の駐車場

駐車場は午後5時までとなっているようです。

駐車場は午後5時まで

資料館へ

絹の道資料館は生糸商人、八木下要右衛門(やぎしたようえもん)の屋敷跡に建てられました。駐車場側にある入口から中に入りました。

絹の道資料館の入口

入口から入ると、絹の道を散策する人のための休憩スペースがあります。

展示室へは靴を脱いでスリッパに履き替えてあがるような形になります。大きな部屋の壁にそって色々な展示があります。絹の道と生糸商人の関係や製糸、養蚕に関する飼料が展示されています。

絹の道資料館の展示室

絹の道は横浜が開港して鉄道が発達した明治の中期まで輸出用の生糸が運ばれたルートの一つだそうです。御殿橋から絹の道碑の前までが市の史跡として指定されているそうです。

八王子と横浜を結んだ道

こちらは昔の鑓水のジオラマです。

鑓水のジオラマ

こちらが公式サイトです。

周辺の情報はこちらからどうぞ。
周辺の情報はこちらのキーワードからどうぞ


絹の道資料館に行きました の情報

2011年10月17日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所
八王子市鑓水989-2
電話番号
営業時間3月から10月 午前9時から午後5時 11月から2月 午前9時から午後4時30分
定休日月曜日(祝日と重なる場合は翌火曜日) 年末年始(12月29日から1月3日まで)
HPアドレス

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク