町田のロテンガーデンで日帰り温泉

ロテンガーデン

町田市の国道旧16号線、鎗水交差点の近くにあるロテンガーデンという日帰り温泉にいってきました。こちらは一年以上前に来たことがありましたが、最近では温泉博士の対象施設にばかり行っていたので、とてもひさぶりに来た感じがします。


土曜日の午前11時頃に着いたのですが、まだ駐車場はとても空いていました。受付は駐車場の場所から見るとかなり高いところにありますので、エレベータで上がります。

ロテンガーデン

玄関には買い物袋のようなものが置いてあり、こちらに靴を入れてロッカーまで持っていく仕組みになっています。

ロテンガーデンの営業案内

受付を終わらせてから、さっそくお風呂へと向かいました。お風呂は二種類あって、男湯と女湯は入れ替わるようになっているようです。

今回は男湯は右手の方でした。受付で貰ったロッカーキーの番号を頼りにロッカーを見つけます。こちらのロッカーはとても縦長のタイプのものでした。

こちらの施設は入館料金にタオルは含まれていませんが、館内着代は含まれています。館内着は脱衣所に置いてありますので、自由にとることができます。

内風呂は大きな温泉浴槽があります。こちらのお風呂に入ると、すぐに肌がヌルヌルとしてきて、温泉の雰囲気を味わうことが出来ました。また、泡流風呂、水風呂があります。サウナは熱の房と石の房がありました。熱の房は遠赤外線で身体を暖めるタイプのサウナです。テレビが設置されていました。室温は85度程度に設定されています。そして、もう一つの石の房は少し温度が低めですが、汗がたくさん出てきて気持ちが良かったです。

露天風呂のエリアは、露天風呂、寝ころび湯、雲流、薫りの湯といった浴槽があります。そして、階段を上っていくと、展望浴場がありました。こちらには、源泉掛け流しの浴槽と温泉浴槽があります。
全体的に浴槽は色々なものが準備されているほか、サウナについても二種類あって、バリエーションを楽しめるところがとても良いと思います。

お風呂からあがったあとは、館内着を着て館内を探検してみました。本館にはちょっとしたロビーしか無いのですが、新館の方には軽食、食事処、休憩室等が完備されていました。

新館のフロア案内図

まずは食事を食べることにします。わかめ月見そばを食べました。

わかめ月見そば

こちらは、おくらとモロヘイヤのねばねばそばです。

おくらとモロヘイヤのねばねばそば

休憩室はリクライニングチェアが並んでいるスペースと、畳敷きのスペースがあります。土曜日の午後1時くらいでしたが、リクライニングチェアは満席でしたので、畳敷きのスペースで休みました。こちらは、携帯電話やゲーム機などを使うことは禁止されています。

ゆっくりと休んでからロテンガーデンをあとにしました。入場料の割にはのんびりと出来て良かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました