松本市の旧開智学校を見学

4.0
旅行

松本市の旧開智学校

松本市の旧司祭館を見たあと、本来の目的地である旧開智学校の方を見ました。旧司祭館のすぐ前に旧開智学校の入口があります。

旧開智学校


こちらは案内板になります。入場料は大人300円でした。

旧開智学校の案内板

旧開智学校の全景

受付で会計を済ませたあと、建物の入口へと向かいます。建物の正面にある玄関からは入ることが出来ず、建物の一番端にある入口から入るようになっています。

旧開智学校の正門?

こちらは旧開智学校の見取り図です。

見取り図

建物の中に入ると、各部屋が展示室になっていました。最初に入った部屋は教室になっていました。小さな机が並んでいます。

教室

学校生活

部屋の中

こちらは堀井謄写版と紹介されていました。これでプリントを刷っていたのでしょう。

堀井謄写版

こちらは新築当時の旧開智学校の模型です。

新築当時の旧開智学校の模型

こちらは国定第一期の教科書です。

国定第一期の教科書

こちらは講堂になります。

旧開智学校の講堂

こちらは1階から2階に通じる円形階段です。この階段、踏み板の部分が非常に小さくなっているところがあり、子どもが上り下りするのは危険だったのではないかとも思います。現在は通行禁止になっています。

旧開智学校の円形階段

こちらの黒板はきちんと日付が書き直されていました。

黒板

 

国宝旧開智学校校舎 | 新まつもと物語
令和元年9月30日の官報告示号外第126号(文部科学省告示第70号)により、正式に国宝に指定されました。 明治9年に完成した旧開智学校は地元の大工棟梁立石清重が設計した学校建築で擬洋風建築の代表です。文明開化の時代を象徴する洋風とも和風ともいえない不思議な建築は「擬洋風建築」と呼ばれています。

【2019/11/03追記】

今日のテレビ東京系列で放送されているアド街ック天国は松本の特集でした。旧開智学校校舎は2019年に近代の学校建築としては初めて国宝に指定されたそうです。

松本市の旧開智学校を見学の情報

住所〒390-0876
長野県松本市開智2−4−12
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント