群馬県庁にある「くろ松」で前橋tonton汁御膳を食べました

グルメ

群馬県庁にある「くろ松」

赤城神社でお参りしたあと、次にどこに行くか群馬県の観光パンフレットをみていると、前橋にある群馬県庁の31階にお得にランチを食べることができる「くろ松」というお店があるようです。こちらのお店に行って見ることにしました。

駐車場は群馬県庁のものを使えば良いようです。さっそく、ナビで目的地を設定して、向かってみました。

群馬県庁へ

群馬県庁に着いたのは午後1時少し前です。こちらの駐車場は機械式になっていて、所定の位置にクルマをおくと横方向にスライドして行き、クルマは吸い込まれて行ってしまいました。

群馬県庁の31階まで高層階用のエレベータでのぼってみると、すぐに「くろ松」は見つかりました。入り口をみてみると、名前を書くボードが設置されています。その横には、本日貸切利用があり、1時間待ちの案内がありました。

1時間待ちの案内

名前を書くボードを見てみると、6組みくらいのお客さんが待っているようです。

1時間程度であれば待てるだろうということで、名前を書いて待つことにします。入口の前にはメニューが紹介されていました。懐石の店なので数千円の高いメニューもありますが、1000円弱のランチメニューも置いてあることが特長です。

くろ松のランチメニュー

くろ松のメニュー

こちらのフロアーは観光パンフレットがたくさん展示されているところがあったり、周りの景色を楽しむことが出来たりします。また、もう一つ上の階も展望フロアーになっていました。この辺の様子は次のエントリーで紹介します。


20分ほど経ったところで、お店の前に戻ってみると、あと2組みぐらいになっていました。もうすぐ呼ばれそうな感じなので、お店の前で待つことにします。すると、数分で自分たちの順番が回って来ました。1時間と書かれていたのに、30分もしないで入ることができました。

しかも、店内の席は1/3ほどしか使われていません。外ではまだ8組ほどのお客さんが待っているのに、なぜこんな使い方をしているのか、納得がいきませんでした。

TONTON御膳

今回は前橋TONTON汁御膳を注文しました。

まえばしtonton汁御膳のメニュー

パンフレットでも紹介されていたコースです。まえばしtonton汁というのは町おこしのために考案された前橋オリジナルの豚汁です。その特長は、

・群馬県産の豚肉と豊富な野菜を使い具だくさん。
・きのこをバターソテーしてから入れるため、味はまろやか。
・白と赤の合わせ味噌使用のため、コクがありちょっと洋食風。
・〝豚のつみれ〟や〝ねじっこ〟(すいとんのようなもの)が入った昔懐かしい味。

といった条件を満足していることが必要です。

待っている間は、セルフサービスでホットコーヒーを持ってきて飲んでいることができます。

コーヒーはセルフサービス

くろ松のホットコーヒー

注文すると、10分もしないで料理が運ばれて来ました。厨房もそんなに混雑していないようです。なぜ、お客さんをもっと入れないのか、ますます不思議です。

こちらが、前橋tonton汁御膳です。

まえばしtonton汁御膳

この内容で840円というのはとてもお買い得だと思います。

tonton汁

 

こちらが公式サイトになります。

日本料理 くろ松:群馬県前橋市、群馬県庁最上階にある夜景の素晴らしい日本料理店
くろ松,日本料理,ふぐ料理,お節,ケータリング,和食,群馬県庁,お弁当,料理,レストラン

Related posts

お願い

緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置期間等、何らかの事情で休業、営業時間の変更、メニューの縮小等が行われている可能性があります。

また、ここに掲載している情報は記事投稿時点の情報になりますので、最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

群馬県庁にある「くろ松」で前橋tonton汁御膳を食べましたの情報

住所〒371-8570
群馬県前橋市大手町1丁目1−1
電話番号
営業時間
定休日
参考サイト
地図

[地図はこちらから]

シェアする
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント