雑誌「まっとうな温泉」で那須湯本の「おおるり山荘」に行きました

3.5

20130310-134807.jpg

雑誌「まっとうな温泉」を購入しました。この雑誌では特に泉質が良い温泉施設を中心に紹介しています。その紹介している施設の一部では無料の温泉入浴ができる施設が含まれていました。今回は那須にある鹿の湯と「おおるり山荘」に行きました。

那須高雄温泉 おおるり山荘

おおるり山荘へは温泉神社のすぐ近くから少し狭目な道をずっと登っていく形になります。道が狭いとは言っても、何とか対向車とすれ違いができる程度の幅員です。少し道順は判りにくいので、カーナビにしっかりとセットしてから向かった方が良いと思います。

そして山路を上って行った先にあるのが、こちらの「おおるり山荘」です。建物は結構大きくて、宿泊できる部屋の数は多そうです。多分、以前は別の名前のホテルだったのではないかと思いますが、その後、おおるりグループが買ったのでしょう。(調べてみると、昔は2件の民宿があった土地で、その後に、おおるりグループが建物を新築したのだそうです。)

建物の中に入ると、玄関ロビーが大きいことに驚きました。ソファなどがたくさん置かれています。売店もありましたが、こちらは、私たちが行った時間帯はしまっていました。

20130310-135159.jpg

ちょうど、おおるり号というバスが到着したところでしたので、フロアーはかなり混雑していました。受付にも数組が並んでいたので、そちらの列に並んで順番を待ちました。

受付が終わったあとはお風呂に向かいますが、その前に貴重品ロッカーを探してみます。すると、ロビーの片隅においてありました。

20130310-135529.jpg

100円玉返却式です。こちらで貴重品を入れてお風呂へと向かいます。お風呂は廊下を右手にまっすぐと進んでいった奥にあります。途中、夕食バイキングの会場が準備されていました。

脱衣所は脱衣カゴがずらっと並んでいました。ドライヤーは置いてありません。お風呂の成分が凄いのでここにドライヤーを置くとすぐに壊れてしまうのだそうです。従って、フロントでドライヤーは貸し出してくれます。

確かに水道の蛇口やロッカーの鍵など、目に付く金属製のものはすべて真っ黒になっています。

お風呂の方は壁際に洗い場がズラッと並び、そして温泉浴槽がドンとありました。とても浴槽が大きいです。注がれているお湯の量もとても多いので、これは素晴らしいです。

温泉が注がれている場所はお湯が透明なのですが、そこから少し離れるとお湯が白く濁っています。特にものすごくたくさんの湯の華が舞っているのが特徴です。泉質は「含硫黄・カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・炭酸水素塩温泉」となっていました。とてもよく身体が温まります。鹿の湯では人の数が多いのですが、こちらではこれだけのお湯をほぼ独り占め出来てしまうというのは素晴らしいことだと思います。

内湯から出たところに露天風呂があるのですが、こちらは冬季期間はお湯の温度を保てないために休止中となっていました。しかし、いったんお風呂からあがって服を着て、廊下の一番奥から外に出たところにも露天風呂があります。今回は悪天候だったため利用しませんでしたが、レビューなどを見ると眺めが良さそうです。

「まっとうな温泉」で紹介されていることもあり、泉質は本当に素晴らしいと思いました。また那須に来る機会があれば是非利用したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました