山下公園から港の見える丘公園まで

ホテル ニューグランド

JICAでお昼ご飯を食べて、工作船展示館、赤レンガ倉庫、山下公園と散策し、そのまま港の見える丘公園まで行くことにしました。ホテルニューグランドの本館の横にはタワーが建っていますが、本館そのものは昔から変わりません。

海の方を見ると氷川丸が停泊していました。こちらも昔から変わらない光景です。

氷川丸

山下公園

ポンプ場の上

こちらは郵便貯金会館です。今ではメルパルク横浜と呼ばれているようです。

ポートタワー

こちらは横浜人形の家です。遊歩道はこの人形の家の横を通っていきます。

横浜人形の家

遊歩道はそのまま首都高速道路の下を通って、港の見える丘公園へと向かいます。歩車分離になっているのはありがたいです。

港の見える丘公園へ続く遊歩道

フランス山を登る道

港の見える丘公園まであと少し

港の見える丘公園の前まで来ました。こちらが公園の案内図です。

港の見える丘公園の案内図

こちらがフランス山地区の入り口です。

港の見える丘公園フランス山地区の入り口

フランス山地区の入園時間

入っていってすぐのところに、風車がありました。

フランス領事館跡地の風車

風車の説明

レンガ造りの井戸の遺構もありました。

井戸の説明

井戸

井戸の中はとても深いです。

深い井戸

港の見える丘公園からはベイブリッジもよく見えました。

港の見える丘公園からの眺め

港の見える丘公園

港の見える丘公園の広場

こちらは大佛次郎記念館です。

大佛次郎記念館

大佛次郎記念館の入り口

喫茶店も併設されていました。

大佛次郎記念館併設の喫茶店

大佛次郎氏は愛猫家だったそうです。

猫の銅像

大佛次郎記念館の営業案内

さらに遊歩道は続きます。橋の向こうには神奈川近代文学館があります。

近代文学館

近代文学館の入り口

港の見える丘公園の正面入り口

このまま歩いて中華街を通って赤レンガ倉庫の方へと戻ったのですが、1万5000歩程度の歩数になり良い運動になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました