GWに三浦半島先頭の城ヶ島を散策

ゴールデンウィークに三浦半島の先端にある城ヶ島へ行きました。城ヶ島は周囲が4Km、面積が0.99平方Km、三浦市に属していて2005年現在で220世帯604人が暮らしています。意外なのですが、神奈川県最大の自然島です。

三浦半島とは城ヶ島大橋でつながっていますので、クルマで行くことができます。橋の通行料は5ナンバーのクルマで100円でした。3ナンバーだと150円です。3ナンバーと5ナンバーで料金を変えているのは珍しいと思います。城ヶ島大橋は昭和35年に開通しました。長さは575メートル、高さは21mです。

城ケ島に到着

今回は金田漁港にあるレストラン金田で定食を食べてから12時30分頃に城ヶ島に着きました。ゴールデンウィークということで混雑していることを覚悟していたのですが、あっけないほど空いていて、特に渋滞にあうことはありませんでした。

ただ、城ヶ島大橋の付け根、ループ部分の真ん中にある無料の駐車場は満車になっており、先に進んだところにある県営の有料駐車場にクルマを停めました。こちらの駐車場になります。


料金は1時間あたり200円、1日最大料金は600円となっていました。比較的良心的な値段だと思います。

さらにその先にあるお店が立ち並んでいるところにある有料駐車場も満車でしたので、やはり人出は多いのかもしれません。県営の駐車場は全部で4箇所にあります。


ゴールデンウィーク限定でレンタサイクルもあるようです。

城ヶ島のレンタサイクル

先ほど、レストラン金田で定食を食べたばかりなのに、食堂のメニューを見ていると、また、お腹がすいてきてしまいました。観光地ではありますが、比較的値段が良心的なような気がします。

こちらが城ヶ島の地図です。

遊歩道へと続く道に入って行きました。両側にはたくさんのお土産やさんがあります。

やはり海産物が多いです。

城ケ島の遊歩道

ここから遊歩道が始まります。

地層のように模様が折り重なっているのが特徴的です。貴重な岩のような気がするのですが、自由に立ち入ることができました。

しばらく岩場が続きます。レストラン磯香瀬がありました。列車の切符とマグロ料理を食べられるクーポンが一緒になった京急の三崎まぐろ切符が使えるお店です。


こちらは京急の城ヶ島ホテルです。京急は一等地にホテルを構えています。

城ヶ島京急ホテルの目の前のエリアは長津呂の磯と呼ばれていて、磯遊びポイントとして最適な場所です。

  

馬の背洞門、別名メガネ岩です。

  

この辺は砂地なので、歩いていると足を取られてしまって歩きにくいです。岩場もありますので、ハイヒールなどでは歩くことは難しいです。

    

馬の背洞門の上は岩がもろくて崩れる可能性がありますので、立ち入り禁止です。


遠くに陸地が見えます。大島でしょうか。それとも房総半島でしょうか。

馬の背洞門からは階段を上って丘の上に行きます。そこからは尾根伝いの平坦な道になります。

  城ヶ島

こちらは城ヶ島公園の駐車場です。ほぼ、満車でした。

城ヶ島公園の地図です。

  

原っぱがとても気持ち良さそうです。

  

帰りは城ヶ島公園から城ヶ島灯台まで、丘の上を続く道で帰りました。 

こちらの道は眺めが良い上に岩場や砂地が無いのでとても歩きやすいです。

    

3時間ほど城ヶ島にいましたが、結局は1万歩程度歩きました。

帰り道はナビの言う通りに帰ると混雑していそうでしたので、三崎から金田漁港へ出る丘の上を通る道を走りました。なだらかな丘陵が連なっていて、その中に畑があるので、北海道の美瑛で見たパッチワークの景色ととても似ていました。東京からこんなに近いところにも美瑛に似た景色があるのに驚きました。

三浦半島・城ヶ島の情報はこちらのページにまとめました。

三浦半島の観光とグルメスポットを一気紹介

【2019/08/07追記】

地球の鼓動を体感できるジオサイトとしても城ヶ島が注目されています。城ヶ島灯台が立つ断崖では壮大な褶曲が観察でき、他にも観光橋のスランプ褶曲など、大規模な地殻変動の痕跡を示す地層が多くあります。

コメント