小樽の手宮洞窟保存館の見学

手宮洞窟保存館

小樽市総合博物館のすぐ近くにある手宮洞窟保存館というところに行ってみました。総合博物館の共通入館券(本館と運河館の両方に入ることができる大人500円の券)を持っていれば有効期限内に限り無料で入場することができます。もし持っていなかったとしても、大人100円で入場できます。

手宮洞窟保存館の案内

手宮洞窟の中には今から約1600年前に刻まれた壁面彫刻が残されており1921年に国指定史跡になっています。手宮洞窟とその彫刻は1866年に発見されました。

洞窟内は真っ暗。ボタンを押すと説明板のライトがつく

手宮洞窟が発見されてからこちらにはいろいろな人が訪れて全国的に有名になりました。

手宮洞窟と保存の歴史

奥に洞窟の壁面が映っており手前に透明のスクリーンがあり、そちらにアニメーションなどが映し出されるような仕組みになっているモニターがありました。

プロジェクションマッピング??

洞窟をアニメが案内

第二洞窟も1990年に見つかったそうです。

第二洞窟について

洞窟内の岩肌

こちらに彫刻があるはずなのですが、わかりにくいです。

暗い

手宮洞窟の彫刻について

彫刻の模様を解説

真っ暗で彫刻はよくわからない。

真っ暗な洞窟内

周辺の地図を掲載しておきます。

Related posts

コメント

タイトルとURLをコピーしました