【閉店】瀬戸うどんでランチ

西東京市の東伏見から志木へと抜ける道沿いに以前から瀬戸うどんができていたのは知っていたのですが、なかなか行く機会がありませんでした。讃岐うどんのお店です。

すごいペースで丸亀製麺が出店しているので、車で街を走っていても見かけるお店は丸亀製麺ばかりになった感じがしますが、ときどきこのように違うチェーン店があると嬉しいです。

たまたま、昼時過ぎにこの道を通る機会がありましたので、寄ってみることにしました。

お店に着いたのは午後2時頃です。さすがにこの時間であればお店も空いているだろうと思っていたのですが、意外と店内は混雑していました。 

お店は丸亀製麺などと全く同じシステムになっていました。最初にカウンターで、うどんの種類を選び、そのあと天麩羅を取ります。

天麩羅は大きなかき揚げと獅子唐、茄子の天麩羅にしました。

かき揚げ、茄子、獅子唐

出来上がってから時間が経ってしまっていたからだと思うのですが、少し衣がベトッとしていたのが残念でした。ボリュームはとても多いと思います。

うどんはシンプルにかけうどんにしました。並みで280円です。

こちらのお店では刻んだネギと天かすをかけられるようになっていましたので、特にネギをたくさんかけてみました。

 

こちらは、ちょうどお店で全面的に押していた、すき焼きうどん、500円です。

お肉がタップリとのっていました。

東京ではあまり滅多に見かけませんが、こちらの瀬戸うどんも讃岐うどんを安心して食べることができるお店です。

【追記】

同じ場所を通りかかってみると、うどん屋から豚カツ屋に変わっていました。カツ庵というお店です。麦とろ定食を食べましたので、その際のレポートを紹介します。

ごはん処 かつ庵で麦とろ定食
東伏見から志木までつながる道を北に向かって走っていると、埼玉県に入ってしばらく行った片山の更に先に、ごはん処かつ庵というお店がありました。以前は瀬戸うどんがあった場所だと思います。 ごはん処かつ庵というお店には入ったことがあり...

コメント