ジョイフル 東京稲城店で「ひじきご飯と豚しゃぶのみぞれ煮朝食」

シェアする

東京の稲城市に九州が地元のファミリーレストランチェーン店であるジョイフルが新しくオープンしたことを知って行ってみました。2017年9月にオープンしたようです。

午後2時半ごろにお店に着きましたが、駐車場はかなり混雑していました。ドラッグストアと共通の駐車場です。

店内に入ってみると、やはり賑わっています。禁煙席で空きテーブルがあったのでそちらに案内してもらい、テーブルの上のメニューをめくってみました。

最初に驚いたのはグランドメニューの中にモーニングメニューが組み込まれたことです。一時期はキャンペーンでいつでもモーニングメニューを注文できるというサービスを実施していました。この時はグランドメニューとモーニングメニューは別になっていて、いつでもキャンペーンはやめられそうな気配がしていましたが、グランドメニューのの中に綴じ込んでしまったということは、このままいつでもモーニングメニューを注文できるようにしたということなのでしょう。

ジョイフルで提供されているお米や主な野菜は国内産を使っているそうです。主な野菜と言っているので、全部ではなさそうです。国産の野菜が何かは明示されていました。

今回は、いつでも朝食メニューの中から、「ひじきご飯と豚しゃぶのみぞれ煮朝食」を注文しました。この価格でドリンクバーまでもがセットになっているのは嬉しいです。

注文してみると、ご飯はデフォルトが少なめで、ご飯のサイズは無料で普通と大盛りにもできるそうです。普通サイズにしてもらいました。

ランチサービスのメニューもあります。日替わりランチもありましたが、日曜日は対象外でした。

店内はWiFiを使うこともできます。

お店の中はお客さんで混雑していること、店員さんが少ないことで、かなり混乱していました。出来てから2ヶ月ほどが経ちますかオペレーションは安定していないようです。

15分ほどで料理が運ばれてきました。一味唐辛子と醤油がトレイの上に載っていました。

ひじきご飯は真ん中に温泉卵も載っていて、美味しそうです。

しぐれ煮は大根おろしや野菜も沢山入っていて、ヘルシーなイメージでした。薄味になっているので、好みで醤油と一味で味をつけるようです。

豚肉が少なめでした。

味噌汁はほかの定食についてくるものと同じものでした。

ドリンクバーからは抹茶オレをもらってきました。

もしも、ドリンクバー付きで大戸屋で同じメニューがあったとしたら、1000円前後の値段をつけるのではないかと思います。

ゆっくりできるテーブル席でくつろげることから考えれば、ジョイフルは相当お得だと思います。東京の郊外でもっとお店を展開することに期待します。

周辺の情報はこちらからどうぞ。
周辺の情報はこちらのキーワードからどうぞ


ジョイフル 東京稲城店で「ひじきご飯と豚しゃぶのみぞれ煮朝食」 の情報

2017年12月05日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所

電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク