深大寺蕎麦の多聞で蕎麦雑炊と盛り蕎麦

シェアする

年始の深大寺は間違えずに混雑してお蕎麦を食べることは難しくなるので、年末の12月30日に深大寺に行ってみました。午後12時30分ごろでしたが、運良くまだ駐車場には空きスペースがありました。

店内は満席でお店の前では6組ほどのお客さんが順番を待っています。お店の前には大きな石油ストーブが置いてあり、暖かく待つことができました。

こちらのお店には何年か前に入ったことがあります。かなりの大盛りの盛り蕎麦が食べた記憶があります。

30分ほど待っていると、順番がやってきました。午後1時頃になるとお店から出てくるお客さんも多くなってきます。

今回はお店の外の席になりました。温室のようにビニールで覆われているので、そんなに寒くありません。この日は朝から比較的暖かかったのと、近くにストーブがあったのが良かったのかもしれません。

こちらは冷たいお蕎麦のメニューです。

温かいお蕎麦のメニューです。

各お蕎麦は中盛りが200円増し、大盛りが350円増しです。中盛りは二人前、大盛りは3人前にお蕎麦の量が増えます。

おにぎりなどのご飯系、および天麩羅のメニューです。

今回は大盛りの深大寺蕎麦と蕎麦雑炊を注文しました。

10分弱で深大寺蕎麦の大盛りが運ばれてきました。上から撮った写真でみると普通のお蕎麦に見えます。

しかし、横から見るといかに大盛りかが分かります。

薬味の量もかなり多いです。

つゆもたっぷりと有りました。

麺がピカピカ光っています。

麺が普通の蕎麦よりは太めやなのですが、喉ごしが爽やかで美味しかったです。ただ、事前に調べていた通り、食べているうちに、だんだん味に飽きてしまうのが難点です。テーブルの上には山椒があったので、少し味に変化をつけてみました。

そして、さらに10分ほど待っていると、蕎麦雑炊が運ばれてきました。

野菜のほか、きのこがたくさん入っています。

蒲鉾や山菜も付いてきました。

お新香もあります。

お米とは違って、サラサラとした食感でした。ヘルシーな感じです。

蕎麦のボリュームには圧倒されましたが、美味しかったです。

【12/31追記】

大晦日の朝9時過ぎに多聞の前を通りかかったのですが、すでに駐車場が満車になっていました。大晦日は年越しそばを食べに来る人が多いようです。お店の玄関の前にもたくさんの人が席が空くのを待っていました。

少し離れたところにある、深大寺門前そば本舗の前もとおったのですが、こちらも大混雑です。

成人の日に深大寺門前そば本舗でもり蕎麦を食べました
成人の日の午前中に深大寺付近を散策しました。三鷹通りを深大寺に向かい南方向へ歩いていると幸楽苑の隣に深大寺門前そば本舗がありました。...

大晦日には深大寺そばを食べるためには相当の待ち時間を覚悟しなければいけないようです。

周辺の情報はこちらからどうぞ。
周辺の情報はこちらのキーワードからどうぞ


深大寺蕎麦の多聞で蕎麦雑炊と盛り蕎麦 の情報

2017年12月31日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所〒182-0017
東京都調布市深大寺元町2丁目37−4
電話番号042-485-4043
営業時間
定休日
HPアドレスhttps://chofu.com/tamon/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク