豊後高田の大虎屋食堂で親子丼

グルメ

豊後高田の昭和の街にある大虎屋食堂に行きました。昭和の価格や佇まいのままで営業を続けているお店です。

ショーウインドウを見てみると、たしかに値段が安いです。親子丼が350円というのは本当に破格だと思います。

昭和55年から値上げをしていないというので驚きます。

お店の前の食品サンプルが並べられているショーウィンドウも懐かしい雰囲気を醸し出していました。

店内は昭和そのものです。

こちらがメニューです。

日替わりメニューもありますが、この日は昭和の街で他にも食べたいものがあったので、単品のメニューから選択することにしました。

こちらの中から親子丼を注文しました。

お店はご夫婦で営業しているようです。正直、お店の人は愛想はよくありません。なんだか怒られている感じもしますが、本当は怒っているわけではなさそうです。

そうこうするうちに、親子丼が運ばれてきました。

しかし、親の鶏肉が入っていないような気がします。もしかすると、玉子丼が運ばれてきてしまった気もします。ただ!玉子丼は食べたことがなかったので、このまま食べることにしました。

ちなみにこちらはチャンポンです。写真では分かりにくいですが、器がかなり小さいです。半ラーメンほどのサイズでした。

並びの喫茶店では、学校給食を扱っていました。

意外と値段が高いので驚きました。

今回は揚げパンを買ってみました。300円です。注文してからパンを揚げてくれました。結構大きなパンでふんわりとしていました。

まずは二つの店舗を制覇しました。続けて昭和の街を散策しました。

【2019/01/05追記】

充電させてもらえませんかをテレビで見ていると、恋叶ロードや豊後高田の街が登場しました。そして、豊後高田では祭りか行われており、その中でこの大虎屋食堂の店前まで来ました。

残念ながらお店の営業はこの日は終了していたのですが、特別にお店を開けてくれて、食事にありつくことができました。この日はコンビニなどのご飯しか食べていなかったので、皆、嬉しそうに食事を食べていたのが印象的でした。

【2020/05/23追記】

充電させてもらえませんかが今日は再放送されていました。その中で、大虎屋食堂が紹介されていました。この日もテレビ電話でつなげて中継をしていましたが、平日限定ちゃんナポリタンという新メニューが紹介されていました。見た目はナポリタンなのですが、麺がちゃんぽんの麺でできています。値段は350円、とても安いです。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント