湯布院温泉のはな村で宿泊

グルメ
はな村の夕ご飯

先日、JTBで予約しておいた宿、湯布院温泉のはな村へ行ってきました。湯の蔵街道に面したところにありますので、観光にはとても便利です。

建物は少し古いと思うのですが、きちんと手入れがされていて、とても綺麗です。ロビーもモダンな雰囲気で居心地が良かったです。

宿泊したのは二階の由布岳が正面に見える部屋でした。夕食まで少し時間があったので、湯の蔵街道や金鱗湖周辺を散策しました。平日であったにもかかわらず、信じられないほどたくさんの人で湯の蔵街道が賑わっていたのがとても印象的でした。

夕食は一階の個室に案内されました。

まずは梅酒と本日のプレートです。

こちらはお肉などを焼くためのプレートです。

こちらも焼き物につけて食べるタレや岩塩です。

部屋は床の間のある部屋でした。朝食も同じ部屋になるそうです。

こちらは魚三昧です。カボスぶり、鯛、中トロマグロ、サーモンです。魚の身がコリコリとしていて、新鮮で美味しいお刺身でした。

こちらが今回のお品書きです。

こちらは焼き物です。こちらの特選黒毛和牛、口の中でとろけるような美味しさでした。

茶碗蒸しです。一番上にズワイガニの濃厚な出汁がのっているので、よくかき混ぜてから食べます。

お味噌汁は赤だしでした。

ご飯は並盛にしてもらいました。

香の物です。

こちらがデザートです。濃厚な抹茶クリームがのっています。

そして、朝食です。やはり、品数が多いです。

だんご汁です。丸いお団子が入っているわけではなく、きしめんを巨大化したような、平べったい麺が入っています。

ご飯のおとも的なおかずが多いので、ご飯がよく進むのが難点です。結局、ご飯はお代わりをしてしまいました。

最後にデザートが出てきました。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント