三鷹市の定食あさひで岩手焼魚定食(さんまの開き)

日曜日のお昼時に最近、雑誌などでも紹介されている定食あさひというところに行きました。三鷹駅からは徒歩15分程度のところにあります。三鷹駅から歩いて行く場合は南口でおりて駅前の通りを南に少し行き、スクランブル交差点のところで、さくら通り方向へ左に曲がります。

そのまま、さくら通りをまっすぐ歩いて、むらさき橋通りとの交差点近くにお店があります。

お昼ご飯は12時から14時半までです。

今日のメニューはこちらです。つくば鶏の唐揚げ、つくば鶏の蒸し焼き、北海道放牧豚の生姜焼き、岩手焼魚定食などがあります。

二階にも座席があるようですが、この日はいっぱいという表示が出ていました。後から二階に上がって行ったお客さんもいたので、事前の予約で一杯になってしまったのかもしれません。

一階のカウンター席に座りました。厨房を囲むように10席ほどあるようです。ついたときには空いていたのですが、そのあとどんどんお客さんが入ってきて、満席になってしまいました。

一階にはテレビも置いてありました。NHKののど自慢が流れていました。

今回はさんまの開きの定食を注文しました。

こざらとお新香が出てきました。

続いて、豆腐と油揚げのお味噌汁です。

そして、さんまの開きです。

今年は秋刀魚が不漁なので小ぶりではありました。よく脂がのっていて美味しかったです。

ご飯は小さめな茶碗にたっぷりと盛られています。

日本人のTHEお昼ご飯という感じのメニューで、とっても落ち着きました。

ごちそうさまでした。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
グルメ
スポンサーリンク
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント