松のや 西東京新町店で「わらじかつ定食」

グルメ

松屋系列のとんかつ店、松のやで埼玉秩父名物のわらじカツ丼の取り扱いを始めたと聞いたので、西東京市の店舗に行ってみました。西東京新町店は郊外型の店舗で駐車場もあります。

日曜日の午後5時頃に行きました。まだ、夕食には早い時間でしたので店内は空いていました。

こちらの店舗、セルフサービス店となっていて、タブレットで注文できるようになっているのですが、注文や精算の方法が独特でした。

タブレットから注文するところは普通なのですが、商品が出来上がったらタブレットに表示されます。そして、商品を受け取る前にテーブルの上の番号札を使ってセルフレジで精算、その後、レシートを店員さんに見せると、商品を受け取ることができます。

タブレットで注文する際にはライスの量の指定はできませんでした。

こちらが、わらじカツ丼です。

その名の通り、わらじのように大きいです。秩父の方に行くと、わらじカツは単に大きいだけでなく、わらじに見立てて2つ盛られていることが多いのですが、こちらは一つでした。

まぁ、もしも2つあったとしても、とても食べきれいので、これで良いのだと思います。

こちらは味噌汁です。松屋の味噌汁とは違い、わかめの量が多いです。

ライスは分量の指定ができませんでしたが、小盛りサイズでした。ただ、カウンターの前で見つけたのですが、大きな電子ジャーが置いてあって、ご飯のお代わりが自由になっています。

味噌汁もお代わりが自由でした。まるで、やよい軒のようです。

わらじかつには特製ソースをかけて食べました。添えられているキャベツには人参ドレッシングをかけました。

衣はサクサクで中までよく火が通っています。豚肉の厚さも程良い感じで、美味しいわらじカツでした。

食べ終わったら自分で食べたお皿を片付けます。このお店のシステムであれば、店員さんは厨房から出る必要がありませんので、少ない店員さんでオペレーションができそうです。

ごちそうさまでした。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント