ヒルサイド拡張後に初めて御殿場プレミアム・アウトレットで買い物

旅行

先日の土曜日に御殿場インターチェンジ近くの金太郎という蕎麦屋さんで天ざるを食べたあと、久しぶりに御殿場プレミアム・アウトレットに行ってみました。2000年7月に小田急御殿場ファミリーランドの跡地にオープンしました。今でも土地は小田急の持ち物で、30年間の賃貸借契約が結ばれているのだそうです。

早いもので、御殿場プレミアム・アウトレットはオープンから20年も経っています。月日が経つのは早いものです。

スポンサーリンク

駐車場

駐車場はアウトレットの敷地からかなり離れたところにあるP12というところに停めました。ここからはシャトルバスでアウトレットまで送迎してくれます。ウエストゾーンにバスターミナルがあります。(新しくできたヒルゾーンにもバスターミナルが別にありますがこちらにはシャトルバスは行かないようです)

このシャトルバスはそんなに頻繁に運行されているというわけではなさそうで、15分ほど待ったところで発車になりました。(実際にアウトレットまで行ってみると隣接しているP2などの駐車場は余裕で空いているようでしたので、誘導員の人の指示に従ったのは失敗だったかもしれません)

新型コロナウイルスはどこに行ってしまったのだろう?と思ってしまうほど、アウトレットはたくさんの人で賑わっていました。

お店によって感染防止対策は異なっていて、店内の人数制限を実施しているお店もあれば、特にカウントせずにどんどん入ることができるお店など考え方がいろいろでした。プレミアムアウトレット全体で最低の基準は統一したほうが良いようにも思いました。

ヒルサイド

今回はヒルサイドという新しいエリアが2020年4月にオープンして初めての訪問になります。

ここには以前はバラ園や観覧車がありました。バスターミナルのあるウエストゾーンから希望の大橋というところを渡って行く形になっていました。ヒルサイドは店舗面積17,000平米に三つのストリートがあり、88店舗がオープンしています。(アウトレットとしては全体で61,000平米となり日本最大になりました)

ヒルサイドは低層、中層、高層の三つのエリアがあります。さらに、高層の上、フードボールにはITADAKI TERRACEというフードコートがあります。

日本橋麺屋ま石、ふじやま茶寮、静岡ご当地グルメ屋台、本気の薪焼きステーキ、パシフィックカフェ、サングラムグリーンティなど、あまり他のショッピングモールにはないようなお店が出店しているところが面白かったです。

他にも、クリームたっぷりのパンケーキで有名なエッグスンシングスコーヒー、サロン銀座茶房こめ食堂などのお店もあります。

ヒルサイドにはホテルのほか、日帰り温泉「木の花の湯」もオープンしたようです。

ヒルサイドはイーストゾーンとも橋で結ばれています。したがって、ウエストゾーン、ヒルサイドゾーン、イーストゾーンを三角形で順番に回ることができます。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント