秋間近の道志川温泉 紅椿の湯へ

旅行

9月最後の日曜日に山梨県の道志村にある道志川温泉 紅椿の湯へ行ってきました。相模原から山中湖へと抜けることができる道志みちの途中で旧道にそれて、谷を少し下っていったところに紅椿の湯はあります。

こちらは、今までも何回か来たことがあります。温泉も良いのですが、特にこちらに設置されているサウナの機械がとても良くできていて気に入っています。また、食堂で食べる地元で採れたクレソンを使ったかき揚げもとても美味しいです。

今回は朝10時の開店に合わせるように現地に向かいました。土日休日は3時間で1000円という料金体系になります。今回はぽかナビにあったクーポン券を使って100円引きで入館しました。自動券売機では対応していないので、カウンターで清算する形になります。

朝は5組ほどのお客さんが車の中で開店を待っていました。そして、5分前にはオープンしました。

最初にお風呂へ入ることにしました。他のお客さんはお休み処の窓際の景色の良いテーブルに荷物を置いて場所取りをしてからお風呂へ向かっていきます。景色の良い場所は誰でも座りご飯を食べたいと思うのですが、場所取りをしてしまってはその間、誰もその席を使えなくなってしまいます。マナーとして残念なことだと思います。

内湯はあつ湯、気泡風呂付きのぬる湯、水風呂、サウナ、掛け湯、洗い場という構成です。露天風呂は大きめの岩風呂が一つあります。男湯からは滝や道志川の流れが見えます。涼しい風が吹き抜けて、とても気持ちが良いです。

サウナは九州オリンピア工業という会社のガス式の赤外線サウナが設置されています。部屋の中の温度はさほど熱くないのですが、汗がたくさん出てきます。あまり、ヒリヒリとすることもないのに、これだけたくさんの汗が出てくるのは凄いです。こちらのサウナの機械、ぜひ他の施設でも採用してほしいところです。

お風呂からあがったあとは、休憩処に行きました。広い座敷でテーブルがたくさん並んでいます。こちらが食事のメニューになります。

おすすめメニュー

秋の味覚

こちらは定食のメニューです。

定食メニュー

こちらは丼のメニューです。

丼、その他

麺類のメニューです。

麺類のメニュー

おつまみのメニューです。

おつまみのメニュー

おつまみのメニュー

お酒や飲み物のメニューです。

お酒、飲み物

甘味のメニューです。

甘味のメニュー

自動券売機で食券を購入して厨房に渡すシステムです。番号が食券に書いてあるので、その番号が呼ばれたら取りに行きます。

今回は、かき揚げ3枚とごはん、味噌汁を注文しました。こちらになります。

かき揚げとご飯、味噌汁

かき揚げ三枚

これだけのボリュームで460円なので、とてもお買い得な組み合わせです。

かき揚げはクレソンの他に、玉ねぎ、人参がたくさん入っていました。カラッと揚がっていて、脂っこさもそれほどでもなく美味しいかき揚げです。

山梨 道志の温泉宿紅椿の湯「べにつばきのゆ」公式ホームページ
山梨道志の宿泊・日帰り温泉 道志川温泉 紅椿の湯

秋間近の道志川温泉 紅椿の湯への情報

住所
山梨県南都留群道道志村小椿3888
電話番号0554-20-4500
営業時間10:00~21:00 (冬季10:00〜20:00)
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント