モラージュ菖蒲に行ってきました

旅行

モラージュ菖蒲

さきたま古墳公園に行くときに国道122号線騎西菖蒲バイパスを走っているときに、ロードサイドにものすごく大きなショッピングモールがあるのを見つけました。2008年の11月28日に開業したモラージュ菖蒲というところです。店舗面積が9万平方メートル、テナント数は250店です。

これがどの程度広いかというと、たとえばアウトレットモールの中でもかなり大きな三井アウトレットパーク入間の店舗面積は32000平方メートルです。こちらのモラージュ菖蒲と比較すると1/3程度の規模しかありません。また、巨大なアウトレットパークと比較するともう一つ大きな特徴があります。

アウトレットモールはどちらかというと高級なファッションブランドなどを中心に店舗が展開されていますが、こちらのモラージュ菖蒲には、ダイソーやヨークプラザ、ナフコ、ノジマなど、お馴染みのお店が並んでいます。日用品を買うために気軽に行くことが出来るようなお店が並んでいます。


今回はシルバーウイークの初日、土曜日の午後4時前にモラージュ菖蒲に行きました。駐車場は1階の平面駐車場ですらかなりあいています。全部で5000台分もの巨大な駐車場があります。1階のナフコの正面あたりにラフェスタを駐車して建物の方に向かいました。どっちを見てもとにかく大きいです。

モラージュ菖蒲の内部

入っていくと何故かラジコンカーのレースをするための大きなコースがあり、熱心なレースが行われていました。

ラジコンカーのレース

1階を歩いていると、「ひみつの森」という子ども遊ばせることができるお店がありました。

「ひみつの森」は、大型ショッピングセンター「モラージュ菖蒲」の中にあるキッズ向けの屋内型アスレチックパークだよ。1年中いつでも水遊びを楽しむことができるよ。滝が流れるパークには、じゃぶじゃぶ水遊び、ジャングルジム、すべり台、ボールプールなど、体を動かして思いっきり遊べるアスレチックがそろっているよ!

ひみつの森

さらに館内を見ていると、今度は1000円ショップがありました。300円ショップまでならば見たことがあるのですが、1000円ショップというのは始めて見ました。

1000円ショップ

100円ショップではあまり見ることが無いようなジャンルの商品がたくさんありました。たとえば、靴のコーナーにはビジネスシューズも含めていろいろな品揃えがあります。

そして、3階の一番端っこには映画館もありました。あまり私は知らない系列だったのですが109シネマズになります。

109シネマズ

モラージュ菖蒲は細長いウナギの寝床のような建物の両側に店舗があって、真ん中の通路は吹き抜けになっています。最近のショッピングモールによくある構造だと思います。3階から吹き抜けの下を見ると下の写真のような感じになります。

モラージュ菖蒲で3階から見下ろしたところ

3階の中央付近にあるフードコートの横には駄菓子屋さんがありました。昔懐かしいボンカレーも置いてあります。そのほかにも懐かしい駄菓子でいっぱいです。

駄菓子屋さん

続いて、フードコートの中にも入ってみました。ものすごく広いのですが、意外と空いています。夕方になってお腹も空いてきましたので、こちらで軽くご飯を食べてみることにしました。

フードコート

頼んだのは、スンドゥブチゲと富士宮焼きそばです。

スンドゥブチゲ
富士宮焼きそば

スンドゥブチゲはご飯やおかずとのセットで750円、ご飯は大盛りが無料ということだったので、大盛りにしてもらいました。作り方を見ていると熱い石焼き鍋の中にスンドゥブのつゆとおぼろ豆腐、そして具などを入れてあっという間に作ってしまいました。味は0辛から3辛までで選ぶことが出来ます。今回は3辛を選びました。ご飯は五穀米になっていて、大盛りということで量もとても多くてお腹がいっぱいになってしまいました。このようなフードコートで食べたご飯としては意外とおいしかったです。

このモラージュ菖蒲は端っこから端っこまで歩くと500メートル以上あります。いろいろなお店を見て回ると、1Km近くになるのではないかと思います。これで3フロアー分をまわると、かなりの運動量なのではないでしょうか。今回は、さきたま古墳群や古代蓮の里などもあわせて1日で1万3000歩も歩いてしまい、なかなか健康的な一日でした。

しかし、いろいろなところにこのような大型のショッピングモールが出来ていますが、モールの中はどうしてもチェーン店の有名なお店が中心になります。すると、その地域の特色というものはほとんど感じられません。このような大型ショッピングモールが出来ればどんどんお客さんを吸い寄せることによって、商店街などが寂れていってしまうことになりますが、日本全国、画一的なお店で統一されていくこと自体は、良いことなのか否かも、少し考えさせられました。

【2011/07/03追記】

今回は大きなショッピングモールに行く必要があり、またモラージュ菖蒲に行ってみました。前回は通りかかったときに行ったので困らなかったのですが、今回は直接ここに行こうと思ったので、カーナビで目的地をセットしようと思ったのですが、50音検索では出てきませんでした。カーナビが少し古くなってきたので、そのせいかと思います。また、住所(埼玉県南埼玉郡菖蒲町大字菖蒲3555番地)で目的地をセットしようとしても、菖蒲町が選択肢として出てきませんでした。

Wikipediaで調べてみると、

菖蒲町(しょうぶまち)とは、かつて埼玉県北東部に存在していた人口約2万人の町である。2010年(平成22年)3月23日、久喜市、北葛飾郡栗橋町及び同郡鷲宮町との合併により、新たに久喜市が発足した。

と書かれていました。新しい住所なので、カーナビが対応していないようです。そこで、地図で直接、現地付近を表示させて、そこを目的地にして現地に向かいました。外環自動車道で川口ジャンクションまで行き、途中、岩槻のインターチェンジで下りて行くというルートで向かいました。

この日は非常に暑かったので、屋外の駐車場は非常に空いていました。私たちも熱いところにクルマを停めたくなかったので、立体駐車場に向かいます。最初、立体駐車場の入口を間違えてしまい、屋上駐車場に向かうスロープを上がってしまいました。

屋上駐車場でUターンして、また地上へと向かって、立体駐車場の入口を見つけてそこから入ります。1階は満車で、M2に空きスペースがありましたので、そちらにラフェスタを停めました。

M2階は店舗とは直通していませんので、エレベーターで1階に下りました。そして、モラージュ菖蒲の中に入ると、とてもたくさんの人出賑わっています。1階から3階まで全体をまわってみましたが、5000歩以上も歩いてしまいました。いつ来ても、やはりこちらのショッピングセンターは非常に大きいと思います。

撤退して、空きスペースになってしまっているような場所もありませんでしたので、人気のあるスポットとして定着しているようです。

 

モラージュ菖蒲 公式ホームページ|mallage SHOBU
埼玉県久喜市にあるショッピングモール モラージュ菖蒲

モラージュ菖蒲に行ってきましたの情報

住所〒346-0195
埼玉県久喜市菖蒲町菖蒲6005番地1
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント