湯郷 白寿は成分がとても濃い温泉でした

湯郷 白寿

温泉博士の5月号についていた温泉手形を使って、埼玉県の神川町にある、湯郷 白寿という日帰り温泉に行ってきました。

関越道の本庄児玉インターチェンジから一般道を10Kmほど走ったところにあります。こちらの施設は午前10時にオープンするのですが、現地に着いたのは、その15分後くらいでした。


それでも、建物に近い駐車場にはたくさんのクルマがとまっています。

湯郷 白寿の駐車場

クルマを停めたあと、館内へと入りました。靴を入れるロッカーは無料で、受付に預ける仕組みになっています。受付で温泉手形を提示すると、引き換えに脱衣所のロッカーをわたしてくれました。通常の入館料金は大人700円、子供400円です。

そのまま、二階にある湯処へと向かいました。

湯郷 白寿の廊下

湯郷 白寿の廊下

男湯の入口

脱衣所は縦三段でたくさんのロッカーが並んでいます。指定されたロッカーを探して、利用します。

白寿のロッカー

温泉ソムリエの家元さんがオススメする入浴5箇条が紹介されていました。

・入浴前後に一杯の水を飲むこと
・入浴前には足先など心臓の遠くから順に十分なかけ湯をすべし
・頭には濡れたタオルをのせるべし
・一気に長湯せず分割浴をすべし
・疲労回復にはひざ下の温冷交互浴が有効なり

お風呂の方は、内風呂には大きな温泉の浴槽が一つ、露天風呂にも大きな温泉の浴槽が一つです。ただ、露天風呂の方は東屋で日陰になっている部分があったり、浅瀬になっているスペースがあったりします。

この浅瀬のスペースは胡座をかいて座っていても良いようですし、また、木の枕が置いてあったので、寝湯として楽しんでも良いようです。

特筆すべきは、温泉の成分がとても濃い点です。まるで、泥水の中に入るがごとくの雰囲気です。浴槽の岩や、お湯がオーバーフローしている部分は全体に析出した温泉成分が地層のようになってこびりついています。泉質は、ナトリウム-強塩化物強塩泉、塩分がとても強いようです。温泉の成分は最低基準の31倍と紹介されていました。しかも、源泉の成分が濃すぎるので加水をしたあとで、31倍とのことです。

温泉の温度はそれほど高くなってないので、のんびりと長湯が楽しめるようになっていました。ただ、お風呂から上がったあとも、いつまでも身体がポカポカとしていますので、保温効果は無茶苦茶に高いのではないかと思います。

洗い場の数も十分にあり、また、シャンプーなども完備しています。サウナなどの設備はありませんが、温泉をじっくりと楽しむためには、これで良いのだと思います。

お風呂のあとには、Ⅰ階の休憩室に行きました。こちらはごろ寝が出来るところ、応接セットが置いてあるところ、リクライニングチェアがあるところ、そしてマッサージチェアがあるところなど多岐にとんでいます。

マッサージチェアについては無料で利用することが出来ます。

マッサージチェアは無料

ズラリと並んだマッサージチェア

こちらが、ごろ寝が出来るスペースです。

ごろ寝が出来るスペース

休憩スペースにはコミックや雑誌などが準備されていました。

いっぱいのコミック

雑誌

こちらは応接セットです。

応接セット

マッサージチェアで全身マッサージをしたあとに食事処へと向かいました。少し長くなってきたので、次のエントリーに続きます。

湯郷 白寿の食事処でスンドゥブチゲを食べました
 温泉博士の5月号に付いていた温泉手形を使って、埼玉の神川町にある湯郷 白寿という日帰り温泉に行ってきました。こちらは、温泉の成分がとても多くて、身体にとても効きそうな温泉でした。また、休憩スペースの設備がマッサージチェアなど充...

こちらの癒合 白寿は特に休憩スペースの設備が充実しているにもかかわらず、そんなに混雑していないので、のんびりとくつろぐことが出来ます。良い日帰り温泉だと思います。

 

白寿の湯は新しく「おふろcafe 白寿の湯」に生まれ変わりました
おふろcafe,白寿の湯,神川温泉,おふろ,cafe

コメント