千葉市にある「昭和の森」を散策

旅行

昭和の森

千葉市にある公園、昭和の森というところに行ってきました。千葉市とは言っても少し外れの方の緑区土気にあります。面積は100.9ヘクタール、東京ドームの22個分の大きさになり、千葉市の公園の中でも最も大きな公園になります。平成元年には日本の都市公園100選にも選定された公園でもあります。

ナビ任せで行ったのですが、首都高速湾岸線→東関東自動車道→京葉道路→千葉東金道路→千葉外房有料道路というルートで行ってきました。途中、葛西インターチェンジの周辺は東京ディズニーリゾートに行く人たちの車で大混雑していましたが、そこを除いては、ほぼ順調にいくことが出来ました。


昭和の森のアスレチック施設などがあるところに行きたかったので、そこに近い第二駐車場にラフェスタを停めました。朝の9時過ぎに着いたのですが駐車場はガラガラでした。しかし、10時30分頃に荷物を取りに行ったときには駐車場はおぼ満杯になってしまっていましたので、10時前に着くくらいがちょうど良いようです。駐車料金は普通車で1日400円です。

第二駐車場からすぐのところに、自転車を借りることが出来る第二サイクリングセンターがあります。公園の地図を見てみると途方もなく公園は広いことが判ります。

昭和の森公園の案内図

この昭和の森を歩いて一周するととてつもない時間がかかってしまいそうでしたので、第二サイクリングセンターで自転車を借りることにしました。自転車のレンタル料金は2時間で大人200円、小中学生100円ととてもリーズナブルな価格になっています。大人用自転車2台と子ども用自転車1台を借りました。

第二サイクリングセンター

自転車で公園を反時計回りに回ってみました。

昭和の森のサイクリングコース

サイクリングコースは舗装されていて非常に快適に走ることが出来ます。途中、アップダウンがあるところもあり、疲れてしまう場所もありましたが、がんばって走ります。非常に展望が良いところもありました。

展望の良い場所

ここは標高101メートルあるそうです。

さらに走っていくと、第一サイクリングセンターに出てさらに進んでいくと30分ほどで園内を一周しました。まだ時間はたっぷりとありますので、今度は冒険広場へ行きました。

こちらはアスレチックコースがあります。

アスレチックコースの正面ゲート

アスレチックコースの案内図

こちらにはいろいろなアスレチックの施設がありますので、子どもは喜んで遊んでいました。

アスレチックの施設

成田空港が比較的近いためでしょうか。ひっきりなしに飛行機が空を飛んでいました。

空を飛ぶ飛行機

結局、子どもは冒険広場で2時間近くも遊んでいました。この公園、とっても広くて、芝生の広場もたくさんあります。レジャーシートを持って行って、のんびりとお弁当を食べると良いと思います。

 

昭和の森
昭和の森のHPです。昭和の森は、県内でも有数の規模を誇る千葉市の総合公園です。公園の西側は、標高60mから90mの下総台地に連なり、東側は九十九里平野と下総台地を分ける高低差約50mの崖地に接しています。展望台からは、九十九里平野と太平洋の水平線が一望できます。公園の一部が県立九十九里自然公園に指定され、良好な自然環境...

千葉市にある「昭和の森」を散策の情報

住所〒267-0061
千葉県千葉市緑区 土気町22
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント