仙川の湯けむりの里に行きました

仙川の湯けむりの里

今はクルマを修理に出しているので、遠出が出来ません。そこで、近場の仙川にある湯けむりの里というところに行ってきました。この湯けむりの里 仙川店は仙川駅の南側、駅から歩いて10分弱のところにあるスーパー銭湯です。前回、こちらに来たのは2004年(仙川 ゆけむりの里)なので、ここに来るのは6年ぶりくらいになります。

1階の入口から入って、そのまま2階に向かいます。2階にはすぐに玄関、下足入れがあります。そして、券売機で入館券を購入し受付で出してお風呂場へと向かいます。最近では1回入館券を購入すれば何階でも休憩エリアとお風呂場を往復できる日帰り銭湯が増えていますが、こちらは昔ながらのスーパー銭湯と同じシステムで、お風呂から休憩・食事エリアに1回出ると、もうお風呂には戻ることが出来ません。もう一回入館券を購入する必要があります。


また、こちらでは岩盤浴の施設があります。しかし、こちらの岩盤浴は25分間入れ替え制になっています。お風呂の王様などでは岩盤浴も入り放題になっているので、ちょっと残念な仕組みです。今回は岩盤浴には入りませんでした。

スーパー銭湯にしては入館料も意外と高いのですが、館内はかなり混んでいました。付近にはほかにも施設はありますが、こちらの施設はかなり人気があるようです。

お風呂の方は内湯には四季の湯、リラクゼーションバス、ジェットバス、スーパージェットバス、シェイプアップバス、水風呂、白湯、バイブラバス、サウナなどがあります。サウナは非常に大きなタワー型サウナで中央前面にはテレビが付いていました。一番下の段でも、かなり温度は高めの印象です。

水風呂も大きめで、5人程度の人がゆったりと入ることが出来ますが、水風呂の浴槽に入る前に掛水をするための施設がありません。水風呂のところで座って、手桶で水をかけてから水風呂に入るような形になります。ちょっと入りにくいので、本当は掛水の施設を作るともっと使いやすいお風呂になると思います。

露天風呂のエリアには露天岩風呂、絹の湯、寝ころび座敷などがあります。どれもちょっと浴槽が小さくて、4人程度入っているといっぱいになってしまう感じです。もう少し、浴槽が大きいとのんびりと入っていることが出来るのですが残念です。

内湯と露天風呂を結ぶところに、仙蒸洞という設備があります。麦飯石が敷き詰められていて、マイナスイオンたっぷりの蒸気に包まれてリラックスすることが出来る蒸し風呂です。また、塩がおいてありますので、全身にすり込んで使うことが出来ます。こちらの部屋はそんなに暑くないのですが、結構汗が出てきて気持ちが良かったです。

 

東京の深夜まで営業しているスーパー銭湯|天然温泉仙川湯けむりの里
天然温泉仙川湯けむりの里は東京の調布にある家族で楽しめるスーパー銭湯です。当店自慢の天然温泉、岩盤浴、マッサージ、エステで癒されて快適な1日をお過ごしください。深夜2時まで営業しているので、お仕事帰りにもお越しいただけます。

コメント