長瀞の養浩亭で0泊2食のプランを体験しました その2

長瀞

埼玉県の長瀞にある養浩亭という旅館で、0泊2食というプランを使ってみました。前のエントリーから続いています。

長瀞の養浩亭で0泊2食のプランを体験しました

お昼を予約した12時になると、フロントから部屋に電話がかかってきました。お昼ご飯の準備ができたそうです。さっそく、食堂に行ってみると、昼ご飯の準備ができていました。


食堂からも川や緑が見えます。川の方から人々の歓声が急に聞こえてきました。川下りの船が来たようです。何台もの舟が連なってきました。ちょうどこの辺は流れが急になっているようで、舟に乗っている人もスリルがあるようです。

食事処から見た光景

秩父ふうの煮込みうどん(秩父名物おっ切り込みうどん)と、味噌田楽、そして、味噌をつけた揚げジャガイモ、ナスの漬け物などが準備されていました。

秩父名物おっ切り込みうどんと秩父の小昼飯味噌ポテトとこんにゃく

食事処には私たち以外にお客さんは一組でした。別のメニュー「釜飯」を食べていましたので、少なくとも同じコースというわけでは無いようです。

すでに、お椀にはうどんが盛りつけられているのですが、鍋の中にはまだたくさんのうどんが残っています。うどんには、人参、ナス、ゴボウなど、たくさんの野菜が一緒に煮込まれていて、健康にもとても良さそうです。

秩父名物おっ切り込みうどん

まずは、うどんから食べてみました。平べったい、きしめんのようなうどんです。コシも非常に強くて、これならばどんなに煮込んでも、柔らかくなってしまう心配は無さそうです。味付けはそんなに濃くなく、サッパリとした感じでした。どんどん食が進みます。

味噌田楽はこちらです。

味噌田楽

味噌がつけられている揚げジャガイモは、まるで祭りの縁日で売られているような感じで、味噌が甘くて、これもおいしかったです。

秩父の小昼飯味噌ポテト

何回もうどんをおかわりして、お腹がいっぱいになってしまいました。

秩父名物おっ切り込みうどん

ご飯のあとはまた、部屋に戻ります。窓をあけて、川の流れる音を聞きつつ、テレビを見ながらゴロゴロとしていました。外からは気持ちのよい風が吹いてきて、まさに天国です。田舎の家では当たり前のみことだと思うのですが、都会の住宅地ではこんな体験はなかなかできません。都会暮らしで失ってしまったものも多いことに気がつきつつも、ゆったりと時間を過ごします。
午後2時をすぎた頃、お風呂に行ってみることにしました。脱衣所には脱衣かごが並んでいます。すでに先客があるようで、風呂場の中からは話し声が聞こえてきました。

養浩亭のお風呂の入り口

お風呂場はそんなに広くありません。内湯が一つあり、なぜか内湯を横切ってドアをあけ外にでると、そこには露天風呂のエリアがあります。最初は宇宙のみだったところに、露天風呂を増設したのでしょう。露天風呂のエリアにも洗い場が二つありました。
露天風呂は四角い木製の浴槽で、2,3人でいっぱいになってしまいそうなサイズです。露天風呂の温度はぬるめになっていましたので、のんびりと入っていることができました。

外には緑が見えて、川のせせらぎの音も聞こえてくる、とても良い環境の中にあるので、もっと大きな浴室を増設すると、とても流行りそうな気がします。

洗い場にはボディシャンプーやシャンプー、そしてコンディショナーなどが完備されていました。
お風呂上がりに、また部屋へと向かいます。日帰り入浴だと大広間での休憩という形になりますが、個室の部屋が使えるというのは、やはり落ち着いて良いと思います。

また、部屋でくつろぎつつ、テレビを見ながら夕ご飯まで過ごすことにします。

少し長くなってきたので、次のエントリーに続けたいと思います。

長瀞の養浩亭で0泊2食のプランを体験しました その3

コメント

  1. 長瀞の養浩亭で0泊2食のプランを体験しました その3

    長瀞 / fujitariuji  埼玉県の長瀞にある養浩亭で0泊2日の日帰りプ…

  2. 長瀞の養浩亭で0泊2食のプランを体験しました

     9月23日からの三連休、真ん中の日は特に予定も無かったので、楽天トラベルの日…

タイトルとURLをコピーしました