かんぽの宿 青梅で日帰り入浴

かんぽの宿 青梅

温泉博士の10月号に付いていた温泉手形を使って、かんぽの宿 青梅に行ってきました。

かんぽの宿 青梅

10年ほど前に行ったことがあるような気がするのですが、記憶が定かではありません。青梅の駅からは少し離れていて、多摩川の反対側、吉野街道から行くような形になります。青梅駅からは釜ヶ淵公園へ向かい、多摩川の橋を渡った先です。


駐車場はかなり広いですが、手前側が宿泊者用、奥が日帰り用と仕切られていました。駐車場には係員の人がいて誘導していましたので、その方の指示の通りにしておけば問題ないと思います。

こちらの施設には、宿泊や温泉のほかに、セントラルスポーツクラブが併設されていました。近所人もこちらを活用しているようです。スポーツクラブで汗を流した後は、温泉に入ることができるのかもしれません。

かんぽの宿 青梅 日帰り利用の案内

一階がロビーになっていて、そちらで温泉手形を提示し、7階に向かうように言われました。7階は窓からの眺めが非常に良く、多摩川の流れや青梅の市街地、そして山並みが一望できます。

7階からの眺め

エレベーターを降りたら、廊下の左手が女湯、右手が男湯になっています。エレベーターの前にテーブルと椅子がおいてありましたが、特に休憩室などは準備されていないようです。

エレベータホールのテーブルと椅子

7階のフロアー案内図

脱衣所には、無料のロッカーがあるほか、脱衣かごがおいてありました。貴重品はフロントに預けるように書いてあります。

お風呂の浴槽は2つ、大きめのぬるめの浴槽が一つ、熱めの小さな浴槽が一つです。これ以外には特にサウナなどは併設されていませんでした。

熱めの浴槽は、タイルが黒っぽく変色しています。温泉の成分かもしれません。お風呂を利用している人はたくさんいましたので、人気はあるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました