山梨県笛吹市のスパランド ホテル内藤で日帰り温泉

山梨県笛吹市のスパランド ホテル内藤

山梨県のスパランド ホテル内藤というところに、温泉博士の8月号を使って行ってきました。中央自動車道の勝山インターチェンジから国道20号線で甲府方面に向かっていったところにあります。

駐車場は甲州街道から少し路地に入ったところに入り口がありますので、少々分かりにくいです。カーナビで案内をしてもらいました。

駐車場は二階建ての立体駐車場です。ちょうど、お昼の12時頃に着きましたが、一階のスペースに空いているところがありました。

スパランド ホテル内藤の立体駐車場

この日はとても日差しが強くて暑かったので、日が当たらないところにクルマを停めることができるのは良いと思います。

入口の前では夏祭りと称して、テントがはられたところで、子供向けのイベントが実施されていました。

入り口から中に入ると、左手に下足のロッカー、そして右手に受け付けカウンターがあります。下足ロッカーはコインが不要なのは嬉しい配慮です。

受付で温泉博士を提示しました。温泉手形で入館料が1000円の割引になります。差額は大人二人で1700円、一人850円です。受付では館内着やタオルセットをわたしてくれました。さらに脱衣室のロッカーのキーもわたしてくれます。館内では、このロッカーの番号で会計ができます。

館内に入ったらまずは脱衣室のロッカーに行きました。大きなロッカーで使いやすいです。こちらに荷物を置いて、食事処へ向かいました。

食事ができるところは、一階に一店舗、そして二階に三店舗あります。

フロアーガイド

一階には、食事処寛菜があります。こちらは、和風な雰囲気になっています。1000円前後からのメニューになっていました。


二階の一店舗は夜は居酒屋になるようで、昼はランチ営業をしていました。刺身定食や海鮮丼などがあります。値段は1000円前後でした。

居酒屋のランチメニュー

残る二店舗はメニューは基本的に同じようですが、一つはカジュアルな感じのテーブル席メインのお店、そしてもう一つは和風の座敷メインのお店になっています。座敷の部屋の方はとても広くて前方には大きな舞台があります。とてもたくさんの人が座っていました。

今回は二階のカジュアルな感じのお店に入って見ました。こちらが店内になります。

レストラン

手前にテーブル席が並んでいて、奥に少しだけ座敷席があります。

カジュアルなお店

座敷のお店

料理の値段をみると、カレーライスが700円弱からになっています。

オムライスやビーフカレー

つけ麺とトンテキ丼

ラーメンと冷麺

今回は、韓国風冷麺を注文してみました。そして、10分ほどで、運ばれて来ました。

韓国風冷麺

とても、歯ごたえのある麺で、ほどほどな辛さになっていて美味しいです。量も比較的ボリュームがあり、満足でした。

こちらは、お店のオススメメニューになっていた、トンテキ丼です。

トンテキ丼

ご飯を食べたあとは、お風呂へと向かいます。お風呂は本当にスペースが広くさかれていて、開放感があります。

温泉では無いようですが、ナノ水という、特別な水を使っているようです。このナノ水は保湿作用、浸透作用に優れた肌に柔らかい水です。確かにお風呂に入ってみると、柔らかい感じがしました。

洗い場にはシャンプーなどが完備されている他、髭剃りや歯ブラシなどもあります。

内風呂には
・檜風呂
・バイブラバス  クール入浴剤が入っていました
・甲州ワイン風呂
・プール  裸で入る大きな浴槽です
・ジェットバス
・ドライサウナ
・ソフトサウナ
・塩サウナ
・ヒーリングサウナ
がありました。

そして、露天風呂には
・壷湯
・薬湯
・炭酸泉
がありました。

お風呂は全般的に40度程度に設定されていました。露天風呂は38度から39度程度になっていました。

他にストーンスパもありました。マット代が別に200円必要なようです。館内着を着たままで楽しむようになっていました。

岩盤浴を楽しむためのいくつかの部屋に分かれているほか、クールダウンをするための部屋もあります。

お風呂からあがったあとは、二階のレストルームに行きました。こちらは、相当の台数の液晶テレビ付きリクライニングチェアがあります。

休憩室の様子

ゆっくりと休むことができました。

こちらのスパランドホテル内藤は全体的に設備がしっかりとしていて、店員さんもすれちがうたびに挨拶をしてくれるので、気持ち良く過ごすことができました。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
旅行
スポンサーリンク
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント