鬼怒川観光ホテルで日帰り温泉 2011

旅行

鬼怒川観光ホテル

温泉博士の2012年1月号に鬼怒川観光ホテルの温泉手形が付いていましたので行ってきました。今回は少し節約をして、外環道を草加インターチェンジでおりて、ひたすら国道四号線のバイパスを通って宇都宮まで向かいました。

このバイパス、以前は片側一車線であった部分も徐々に二車線への拡張工事が進んでいて、走りやすくなってきました。


宇都宮からは日光街道で今市まで行き、ここのまさしという餃子専門店で昼食を食べて、そのあと、鬼怒川温泉に向かいました。

大江戸温泉物語 鬼怒川温泉 鬼怒川観光ホテル

鬼怒川観光ホテルは昨年にも一回来たことがあります。そのときは、クルマで正面玄関まで行ったところ、第二駐車場にクルマを停めてほしいと言われたので、今回は最初から第二駐車場にクルマを停めました。

鬼怒川観光ホテル 第二駐車場

第二駐車場から鬼怒川観光ホテルの建物までは少し離れています。送迎もしてくれそうでしたが、歩いて向かいました。5分ほどです。

鬼怒川観光ホテル

鬼怒川観光ホテルの玄関

受付で温泉博士を提示して、お風呂の場所を確認したら準備完了です。大きなホテルなので、玄関ロビーもとても広かったです。

鬼怒川観光ホテルの玄関ロビー

こちらが温泉分析書です。

温泉分析書 その1

温泉分析書 その2

温泉概要

男性風呂はこんな配置になっています。

男性風呂の案内図

内湯には大きな岩風呂と水風呂、そしてドライサウナがあります。浴槽にはたくさんのお湯が注ぎ込まれています。これが全部、掛け流しということは無いと思いますので、循環式なのでしょう。
ドライサウナはこのホテルの規模から考えると小さく感じました。ただ、水風呂とセットであるのは良いと思います。
露天風呂のエリアには、竜王の湯と五十里の湯があります。竜王の湯は天然鉱石、ラジウムが使用されていて、そこからは微弱な放射線が出ているそうです。そのホルミシス効果で免疫木野や自然治癒力をアップしてくれるのだそうです。
五十里の湯は鬼怒川の渓流を見下ろしながらゆったりとつかることが出来る露天風呂です。
お風呂は非常に力を入れていて規模も大きいのが特長です。鬼怒川を代表する温泉として、こちらでのんびりとするのも良いのではないかと思います。

鬼怒川観光ホテル
【癒しの温泉旅館】10種の温泉と貸切風呂が待っている、女性のための湯らっくすゾーン。 東武鬼怒川温泉駅(関東/栃木)から徒歩15分。自然浴と温泉とリラックスをテーマにした癒しの宿です。開放感あふれるウッドデッキが特徴の「旅の湯歩道」で、自然との一体感を満喫!いい温泉とうまい料理、そして独自の多彩なエンターテイメントをと...

【2019/11/03追記】

今日の噂の東京マガジンを見ていると噂の現場で鬼怒川温泉が特集されていました。川に面した廃墟と化したホテル群を今後どうするのかという話でしたが、一番ネックになっているのは撤去費ということでした。平地に建てられている建物よりも、このような渓谷に面して建てられている建物の方が大きな費用が必要になるそうです。

鬼怒川温泉は東京からも比較的近く、また自然にも恵まれた貴重な場所ですので、ぜひ、熱海のように再開発が進み、旅行客が増えるようになれば良いと思います。

Related posts

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

鬼怒川観光ホテルで日帰り温泉 2011の情報

住所〒321-2526
栃木県日光市鬼怒川温泉滝359−2
電話番号
営業時間
定休日
参考サイト
地図

[地図はこちらから]

このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント

  1. 温泉博士の2012年5月号を買いました

     毎月購入している温泉博士ですが、4月10日の発売日になりましたので、5月号を購入しました。今回はAmazonで事前に予約をしておいて、送ってもらいまし…