伊豆長岡ホテル天坊の日帰り温泉を楽しみました

伊豆長岡ホテル天坊の日帰り温泉

伊豆長岡にあるホテル天坊の日帰り温泉とランチバイキングがセットになったプランを楽天トラベルで予約して行ってきました。

伊豆長岡温泉 ホテル天坊

11時にホテルへ着いたあと、最初に食事処へ行き、休憩をしたあと、11時30分からのランチバイキングを楽しみました。こちらは、前のエントリーで紹介した通りです。


ランチバイキングを食べたあと、温泉へと向かいました。バイキングの会場は2階ですが温泉はその一つ上の三階になります。大きな荷物などはそのままランチバイキングを食べた席においたままで良いようです。席は3時までの間はそのまま占有できるようです。私たちが温泉に向かったのは午後1時前でしたが、この時間で窓際の席は全てが埋まっている状態でした。中央の席はまだたくさんの空きがありました。

お風呂場の入口には貴重品ロッカーがあります。こちらに貴重品をしまって脱衣所に行きます。脱衣所にはロッカーはありませんでした。

お風呂の入り口

こちらは、あっぱれ癒し坊の地図になります。

あっぱれ癒し坊の地図

お風呂の方は内湯に大きな浴槽が一つ、サウナが一つです。露天風呂のエリアには大きめの浴槽が一つ、岩風呂と檜風呂が一つずつでした。どの浴槽もお湯がなみなみと注ぎ込まれていて引用不適の表示があったので、循環のようです。お湯は無色透明で優しい肌触りのお湯でした。中に入ったときに肌がスベスベするような感覚は特にありませんでした。しかし、お風呂からあがったあともポカポカ感がずっと残っています。泉質はアルカリ性単純温泉です。

特筆すべきはこちらのサウナです。トロンサウナで、室温は高い場所でも50度しかありません。部屋の周囲には電熱ヒーターが複数つけられていて、ちょうど人間がロースターの中に入った感じになります。この温度で本当に汗が出てくるのか、最初は疑っていたのさが、5分ほど入っていると、サラサラの汗が徐々に出てきて、10分も経つと全身から汗が出てきていました。室温はさほど熱くないですが、ヒーターから出てくる赤外線にこれだけの汗が出てくる秘密があるようです。熱く無いので、最初から20分もサウナに入ることが出来ました。

最初はサウナがあるのに水風呂が無いのは今ひとつだと思ったのですが、このトロンサウナであれば、身体がさほどほてらないので、水風呂がなくても大丈夫です。

露天風呂の方は遠くの山並みなどが見えて開放感があります。また、浴槽によって温度が少しずつ違うのも良かったです。

脱衣所から出たところにあるロビーのベランダには足湯がありました。

ホテル天坊の足湯

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました