港北みなものスパガーディッシュに行きました(2)

旅行

港北みなものスパガーディッシュ

ゴールデンウイークの後半2日目は子どもと一緒に、横浜の都筑区にあるスパガーディッシュというところに行ってきました。こちらのお店は、以前、温泉博士の対象施設になった時に一回だけ来たことがあります。

港北みなものスパガーディッシュに行きました

スパガーディッシュに来るのは、今回が二回目になります。


最初に行った時に、子どもが休憩処にある膨大な雑誌やコミックに非常に喜んでしまい、また来たいと言っていました。ゴールデンウイークは遠出をすると、どこに行っても渋滞にはまってしまいそうですので、安近短で行きます。

港北みなもの駐車場は朝早くからオープンしています。10時過ぎに行くと混みそうな予感がしたので、今回は10時前に着くように自宅を出ました。到着したのは9時30分ごろです。こちらの駐車料金は2時間まで無料、各店舗で1500円以上の買い物、またはスパガーデッシユを利用すると3時間まで無料となります。

まだ、朝が早かったので、駐車場はガラガラです。今回は二階の駐車場に停めました。スパガーディッシュがオープンするのは朝10時なので最初に一階にあるマクドナルドで時間を調整しました。

そして、10時になったので、三階にある受付へと向かいます。受付に行ってみると、すでに10組ほどのお客さんがカウンターの前で列を作っていました。やはり、今日は混雑しそうです。

スパガーディッシュの営業案内

事前にポカナビで10パーセント割引クーポンを印刷して置いたので、こちらをカウンターに提示しました。

港北天然温泉 スパ ガーディッシュ(神奈川県横浜市) – ぽかなび.jp東京近郊版 – 日帰り温泉・スーパー銭湯・岩盤浴

こちらは、あと会計ですので、駐車券は最後の精算時に提示します。受付では、タオルや館内着が入っている手提げバックと、ロッカーのキーをくれました。土日休日は、高めの料金で利用時間も5時間までとなります。それ以降は追加料金がかかります。
子どもは一目散に、三階にあるリラクゼーションコーナーに行きました。こちらには、リクライニングチェアがたくさん並んでいる他、こみっくや雑誌が置いてあります。

雑誌やコミック

リクライニングシート

コミックの読書コーナー

お客さんは普通はお風呂に入ってからこちらのコーナーに来るので、リラクゼーションコーナーは貸し切り状態でした。こちらのリクライニングチェアは液晶テレビが個々についています。自由にチャンネルを選ぶことができますので、とても良いです。平日は小学生はこのコーナーに入ることはできないのですが、土日祝日は小学生以上がりようすることができます。

11時頃になると、リラクゼーションスペースにお客さんが徐々に入って来ました。きっと今日は大変に混雑することになると思います。混み始める前に、お風呂に入ってしまうことにしました。

お風呂は階段を登って、四階にあります。こちらのスペースはスポーツクラブを使っているお客さんも来るようになっているようです。

お風呂のほうは、温泉の浴槽や薬草の入った浴槽などが、内風呂、露天風呂に配置されています。サウナはかなり大きめのサウナで、汗臭いこともなく、よくメンテナンスされていました。

こちらのサウナは面白い形をしていて、テレビが見ることができる場所とまったく見えない場所があります。好みに応じて、場所を選ぶと良いでしょう。サウナの外には水風呂や掛け水ができる場所があります。キリッと冷たい水で、サウナから出たあとには身体を引き締めることができます。

温泉は東京周辺によくある濃い茶色の、温泉でした。やはり、お客さんの数が多く、浴槽には子どもも含めて、たくさんの人が入っています。源泉は地下1500メートルから毎分200Lくみ上げた琥珀色のナトリウム塩化物泉です。内湯の温泉は源泉掛け流しになっているようです。

露天風呂のエリアには、アロマ浴が楽しめるスチーム泉がありました。足の部分はお湯につけるようになっています。室内はアロマの香りが漂っていて、とても気分が落ち着きます。

お風呂を楽しんだあとは、また、リラクゼーションコーナーに戻りました。12時頃でしたが、お客さんの数はかなり増えたものの、まだ空いている席はありました。

駐車場の代金が3時間を超えると加算されていくところ、および土日休日は5時間を超えると別料金が徴収されるところが気にはなりますが、のんびりとくつろぐには良い温泉だと思います。

港北みなものスパガーディッシュに行きました(2)の情報

住所〒224-0003
神奈川県横浜市都筑区中川中央2-7-1
港北みなも 3F
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント