【閉店】温泉博士で健康ランド武蔵野に行きました

川口市にある健康ランド武蔵野

温泉博士の8月号をつかって、埼玉県川口市にある健康ランド武蔵野に行ってきました。1987年から営業を開始しました。

温泉博士についている温泉手形は、通常は1枚で1人しか使うことができないシステムになっているのですが、こちらの健康ランド武蔵野では、温泉手形1枚につき5人まで1000円の割引を受けることができる仕組みになっています。実は温泉博士で7月にもこちらの施設に来たのですが、まだ、温泉博士が別に1冊あったので、こちらを使って再訪しました。

子どもが鉄道模型の運転をしたいと言っていたので、ポポンデッタ川口グリーンシティ店に行ったあとに、健康ランド武蔵野に寄りました。

土曜日の1時頃です。駐車場は手前の部分は混雑していましたが、奥の方に行くと空いていました。こちらの駐車場は入り口にコインパーキングの機械が置いてありますが、こちらで発券をして入場したあと、受け付けで処理をしてもらうことにより、駐車料金は無料になります。

クルマを停めたあと、館内に入りました。入口は円柱形の吹き抜けのロビーになっています。下足をロッカーにいれて、受付へと行きます。

健康ランド武蔵野

受け付けで温泉手形を提示して、館内着、タオルセット、脱衣所のロッカーのキーを受け取りました。

そのまま、脱衣所へと向かい、ロッカーを探しました。子どもと一緒でしたが、なぜか少し離れたロッカーが割り当てられていました。

内風呂には入ってすぐ左手に掛け湯、正面に円形の浴槽、その横に薬湯が、2種類、壁に沿うように洗い場、左手奥にはものすごく勢いが良い打たせ湯、右手の奥にはぬる湯、少し囲まれたところに、バスクリンのような入浴剤が入ったお風呂、その横に檜風呂、あとはドライサウナと岩盤浴があります。

岩盤浴は別に料金がかかります。今回は利用しませんでした。サウナはかなり広い部屋です。部屋のサイズから考えるとテレビは画面が小さめです。今回はマット交換の時間の直前ということもあったのかもしれませんが、とても汗臭かったです。

露天風呂のエリアには川股温泉の湯の花を利用した温泉があります。岩風呂でテラスのような建物で覆われている部分と屋外の部分に別れています。

お風呂からあがったあとは、二階の休憩コーナーへと行きました。たくさんのリクライニングチェアが並んでいます。部屋の前には大型の液晶テレビが少し離されて並んでいます。それぞれが別のチャンネルが映されています。

この日はとても混雑していましたが、よく探すと空いているところがありました。こちらには周囲にマンガ本が並んでいました。マンガ本は1階にも置いてあり、こちらに置かれている本の方が子どもは気に入っていたようです。

特に入場時間の制限などもありませんので、のんびりとすることが出来て良かったです。

【2021/07/15追記】

スポンサーリンク

新型コロナで経営悪化で閉店

健康ランド武蔵野を経営する武蔵野会館は事業を停止して自己破産申請の準備に入ったことが報道されています。他施設との競合が激しくなったことと新型コロナウイルスの影響で客足が遠のいたことが経営悪化の原因とみられています。健康ランド武蔵野はすでに7月6日に閉館しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました