談合坂サービスエリア下りで「すた丼」を食べました

シェアする

談合坂SA

 中央道を使って北杜市まで行く途中、談合坂サービスエリアで休憩をしました。この日は調布から上野原インター周辺まで断続的に渋滞があり、中央道はかなり混雑していました。秋の行楽シーズンのためでしょう。

 あまりにも渋滞がひどい上、相模湖から上野原の間では事故まで発生してしまい、さらに渋滞が悪化しそうであったため、八王子インターから上野原までは一般道を走りました。

 事故渋滞の影響で上野原から先は中央道はガラガラでした。サービスエリアの駐車場もとても空いています。こちらの駐車場は週末になるといつ来ても混雑している印象がありますが今日は特別です。

 クルマを駐車場に停めた後、談合坂サービスエリアの建物の中をみていると、フードコートの中に、すた丼のお店がありました。こちらで、お昼ごはんを食べることにしました。こちらは、すた丼屋で初のサービスエリア内にある店舗だそうです。

伝説のすた丼屋


 普通のすた丼を食べようと思い、メニューを見ながら一生懸命に探してみたのですが、なかなか見つけられません。よくよく見ると、すた丼と生姜丼は右方の中段くらいにあります。それぞれ620円でした。こちらのお店の中ではとってもリーズナブルな商品なのですが、これが売れてしまうと客単価が落ちてしまうので、あまりお店側は売りたくないのでしょう。メニューの目立つところには、すた丼にトッピングをした少し高めの商品が並んでいます。また、談合坂セット1100円というメニューもありました。

伝説のすた丼屋のメニュー

 こちらのお店は自動券売機で購入する形ではなくて、店員さんに直接注文をして会計をする仕組みになっています。レジの横を見ると電子マネーを読み取る装置もあったので、対応しているのかもしれません。

 注文が終わると呼び出し機をくれますので、これを持ってテーブルで待ちます。意外とできあがりには時間がかかって、10分ほどで呼び出し機が鳴りました。牛丼であれば丼ごはんの上に牛丼の具をよそうだけですが、すた丼は毎回、具の部分を調理しているのかもしれません。

 こちらが出来上がったすた丼です。

伝説のすた丼

 すた丼の他に味噌汁と生玉子が付いてきます。生玉子はとても小ぶりなタマゴです。

 すた丼は大きな丼にたくさんのごはん、そしてその上からタップリのニンニク醤油で炒めた豚肉とネギがのっています。

すた丼のアップ

 味付けは濃いめなので、本当にどんどんごはんが進みます。ごはんの量が多いですが、何とか完食しました。

周辺の情報はこちらからどうぞ。
周辺の情報はこちらのキーワードからどうぞ


談合坂サービスエリア下りで「すた丼」を食べました の情報

2013年01月13日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所〒409-0125
山梨県上野原市野田尻710
電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク