藤岡歴史館で堀越二郎の企画展を見ました

20130803 658

先日、映画館でジブリの作品「風立ちぬ」を見ました。零戦を設計した堀越二郎の半生を描いた映画です。

映画「風立ちぬ」を見ました | 臨機応変?

この堀越二郎は群馬県の藤岡市出身です。これにちなんで、藤岡歴史館で「堀越二郎の軌跡」という企画展を実施していたので行ってみました。

kikaku

この藤岡歴史館はかなり駅から離れたところにあります。今回はクルマで藤岡インターチェンジまで行き、そこからは一般道を使って現地に向かいました。藤岡歴史館に着いたのは午前10時過ぎでした。

現在、風立ちぬが大ヒット上映中なので、もしかすると混雑しているのではないかと思って行ったのですが、意外と空いていました。駐車場には10台弱のクルマしか停まっていません。

20130803 650

入館は無料です。館内に入ると、売店には風立ちぬのグッズが販売されていました。

20130803 646

かいこの王国というお菓子もありました。なんだかとてもリアルなので、買うのをためらってしまいます。

20130803 644

パンフレットも販売されています。

20130803 636

堀越二郎は1903年生まれで東京帝国大学航空学科を卒業しました。その後、三菱内燃機製造(現在の三菱重工業)に入社して、零戦などの設計を手がけました。藤岡歴史館では2005年2月に堀越二郎の親族から寄贈された資料約500点を保管しています。この中から、今回の展示物は選ばれています。

 独、英、米国に留学した際のパンフレットや手紙、好んで読んだ航空雑誌、計算ノートなどです。風立ちぬの映画に出てきた資料と同じイメージのものが展示されていました。ジブリではこちらの資料も参考にしているのでしょう。

 ほかには、実際に堀越二郎が使っていた計算尺も展示されていました。現在でも、「大」と「小」の二種類が残されているそうですが、展示されているものは「小」の方でした。こちらで計算結果を確認しながら設計図を書いていたのでしょう。

 また、展示室の一角には堀越二郎が設計を行っていた部屋のイメージも再現されていました。展示室は二つに分かれています。

□第一展示室:技術者、人間・堀越二郎を探る
人物像(少年期、大学時代、欧米研修/航空設計時代)、趣味など、堀越の思考と技術者としてのルーツを掘り下げています。

□第二展示室:現代に繋がる堀越二郎の技術
堀越が成し遂げた仕事に関連した展示が行われています。

 展示室内はすべて撮影禁止となっていました。

 また、奥の会議室では決まった時間に映像が流されるようです。土曜日は朝10時からと13時からだったのですが、13時まで待つわけにもいかず、映像の方は見ませんでした。

20130803 635

 こちらの藤岡歴史館、周辺にいくつかの古墳があります。

20130803 656

 周辺にはレストラン等はありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました