南アルプス市の「湧暇李の里 樹園」て日帰り入浴

旅行

20130824-214548.jpg

温泉博士の9月号を使って、山梨県の樹園というところに行きました。甲府市のお隣にあたるのでしょうか、南アルプス市というところにあります。大菩薩の湯からハシゴしました。

カーナビで住所を登録して現地に向かったのですが、かなりわかりにくいところにありました。ディケアセンターなどもお隣にあり、最初はどこが樹園なのかわかりませんでした。少しクルマを走らせてみると、看板をようやく見つけました。

20130824-214502.jpg

こちらの施設では、温泉のほか、研修室の貸し出し、宿泊、バーベキュー、テニスコートの貸し出しなどを実施しているそうです。

建物の入口から入ってすぐのところに受付があります。そちらで温泉博士を提示して入館しました。この日は何かのイベントが開催されていて、施設は非常に混雑していました。大広間も吹奏楽部が貸切なので、休むことはできませんでした。

20130824-215040.jpg

お風呂の方は内湯のみなのです。湯船は3つありました。3つの湯船がすべて源泉掛け流しです。一番手前の湯船は高温浴槽で、40度から42度程度の温度になっています。私が入ったときには40度を指していました。泉質は「ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉」です。お湯は無色透明なのですが、細かな泡がたくさん浮遊していました。まるで高濃度炭酸泉のように、しばらく入っていると身体中、泡だらけになります。

二つ目の浴槽は中温浴槽なのですが、夏の期間は加温されていません。一番奥の湯船も加温されていないので、夏の期間はこの2つの湯船は論理的には同じことになります。ただ、二つ目の浴槽の方がなぜか泡がたくさん浮遊していて、入っていても気持ちが良い気がします。

温泉は塩素消毒されているため、少し塩素臭さが残ってしまっているのが残念でした。

Related posts

コメント