西荻窪の日高屋で汁なしラーメン(油そば)

日高屋の汁なしラーメン

西荻窪はかつてはのどかな農村だったそうますが、大正時代の区画整理や関東大震災後の都心部からの移住による住人の増加により急速に発展したそうです。そんな西荻窪の街中を散策した後、西荻窪の南口にある日高屋に行きました。日曜日の午後2時過ぎでしたので、お店はそれほど混雑していませんでした。テーブル石に案内されました。メニューをまずは見てみました。

日高屋のメニューの表紙

最初に餃子や麺類のメニューです。餃子の満州のようにダブル餃子定食がありました。餃子の満州は500円ですが、こちらは620円です。

餃子や麺類

お得なセットメニューもあります。

セットメニューなど

こちらには冷やし中華などのメニューが並びます。

汁なしラーメンのメニュー

こちらは定食のメニューが並びます。

定食

いろいろと悩んだ結果、汁なしラーメン(油そば)を注文しました。以前は油そばを扱っているお店はとても少なかったのですが、このようなチェーン店でも食べられるようになったというのは、ずいぶん世の中も変わったものだと思います。

10分もしないで油そばが運ばれてきました。こちらになります。

汁なしラーメン

太めの麺が使われていました。スープは器の底にたまっています。麺をよくかき混ぜると、汁と麺がなじみます。付属の温泉玉子を麺の上からかけて、よくかき混ぜて食べました。

汁なしラーメンのアップ

こちらは黒酢醤油冷やし麺です。

冷やし麺

冷やし麺の具

こちらが日高屋の公式サイトです。

日高屋

【2021年5月21日追記】

町田の日高屋で食べた冷麺がとてもおいしかったです。こちらで紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました