海浜幕張駅の鮮魚専門店直営 魚力寿司で朝の海鮮丼

グルメ

朝の海鮮丼

アパホテル&リゾート東京ベイ幕張で宿泊したあと、朝ご飯がついていないプランを選んだので、海浜幕張駅周辺で朝ご飯が食べられるお店を探してみました。

ところが意外と朝から営業をしているお店がありません。Tully’sコーヒーやサンマルクカフェ、ロッテリアなどはあるのですが、できれば和定食を食べたいところです。

吉野家は午前10時開店で他に松屋なども見当たらないので、駅ビルの中に入ってみました。改札口と同じフロアーの改札口から見て向かい側に入り口があります。

こちらは午前8時に開店しています。どちらかというと、崎陽軒などのお土産を購入するようなお店が多いのですが、入ってすぐあたりのところに、魚力寿司という寿司屋があり、そちらで朝の海鮮丼を扱っていたので、寄ってみることにしました。

朝食で扱っているのは山芋ネギトロやまかけシラス丼と朝の海鮮丼の二種類です。どちらにも味噌汁がついてきます。値段は500円でした。

朝食メニュー

今回はそれぞれ一つずつを注文してみました。カウンター席しかないお店で、持ち帰り寿司がメインのようです。

カウンター席

お茶は自分で抹茶を入れてお湯を入れる、よく回転寿司にあるパターンの仕組みになっていました。

ガリやお茶

こたらがやまかけシラス丼です。

山芋ネギトロやまかけシラス丼

こちらが朝の海鮮丼です。

朝の海鮮丼

だいたい見た感じはメニューの通りです。

メニュー

ネタもそんなに悪くなかったのですが、ご飯は最悪でした。ベチャッとした食感で、口の中で粘りつく感じです。酢飯のままで、昨日から作り置きだったのでしょうか。

味噌汁は海苔

奥の厨房では持ち帰り寿司の仕込みをしていました。朝から仕込みをしている際に、カウンター席を有効に使わないのはもったいないので、朝の海鮮丼の取り扱いを始めたのだとは思います。ただ、せっかくの朝営業をするのであれば、ご飯だけは何とかしないと、厳しいのではないかと思いました。

Related posts

コメント