横浜市電保存館

シェアする

久しぶりに横浜市の滝頭にある横浜市電保存館に行きました。横浜市では明治から昭和にかけて通算70年間にわたって市電が活躍していました。その姿を永久に保存するため、廃止直後の昭和48年に旧滝頭電車車両修理工場跡地に開館したのがこの保存館です。

市電保存館に行くのは今回が2回目です。前回のレポートはこちらになります。

横浜市電保存館 (トラムポート)

 子どもが電車好きなので横浜市電保存館まで行ってみました。中華街の近くから磯子車庫行きのバスに乗り、途中の根岸…

rik.skr.jp

2006年に投稿していますので、実に9年ぶりの来訪です。

昭和58年には建物が建て直されて、市営住宅の一階で運営されています。

入館料金は大人・高校生100円、小・中学生は50円です。駐車場は無料でした。

隣は広大な横浜市営バスの営業所になっています。
  

入口に一番近いところに保存されているのが、500型です。

展示されている車両にはすべて乗車することができます。木のぬくもりを感じる内装です。

椅子の上には車掌さんの帽子がポンと置いてありました。
  

こちらが1000型です。


  

1100型です。


  
  

1300型です。


  

旧横浜駅東口大時計です。

こちらの時計は昭和3年から昭和54年まで掲げられていました。時計の直径が160cmもあります。こちらに展示された当初は動作が停止したままだったそうですが、平成25年に修復されて34年ぶりに動き始めました。

1600型です。


  

1500型です。


  

料金は一律20円だったようです。
  

吉村コレクションというOゲージの鉄道模型が展示されていました。
  
  

鉄道模型のレイアウトがあります。真ん中に入ることができるようになっていました。

21世紀の横浜を背景に地下鉄、私鉄、JRの車両が走っています。また、昭和30年代の横浜を背景に市電の模型列車も走っています。

古い時刻表などが希望すれば閲覧できます。

Nゲージのレイアウトもあります。
  

Oゲージのレイアウトもあります。
  

これら鉄道模型のレイアウトは日本最大級のジオラマなのだそうです。

この日は外の気温が35度にもなりましたが、館内は冷房がほどよく効いていて、ゆっくりと過ごすことができました。市電保存館の次には松任谷由実の歌(海を見ていた午後)にも歌われたドルフィンに行ってみました。

周辺の情報はこちらからどうぞ。
周辺の情報はこちらのキーワードからどうぞ


横浜市電保存館 の情報

2015年08月03日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所〒235-0012
神奈川県横浜市磯子区滝頭3−1−53
電話番号
営業時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
定休日毎週月曜日(祝日の場合は翌日)  ※春休み・夏休み・冬休み期間中は月曜日も開館
HPアドレス横浜市電保存館|横浜市交通局協力会

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク