八景島近くの「小柴のどんぶりや」

グルメ

シーサイドスパ八景島でお風呂に入って休んだ後、クルマで5分ほどのとこよにある「小柴のどんぶりや」に行きました。

漁港に隣接した場所にあります。

大行列

お店には行列ができていました。この行列、なかなか進まないので、かなりの時間待ちます。食べるスペースがいっぱいになっているときは、受付をするのをやめてしまうようです。

こちらが食べるスペースです。屋根はありますが、オープンスペースです。冬は寒いかもしれません。

メニュー

メニューは

  • 煮穴子定食 1450円
    穴子一本盛 1200円
  • 穴子二本盛 1600円
  • 三色丼 1050円
  • 江戸前 小柴のこさく丼 1000円
  • 地魚丼 1000円

などがあります。

2000円の小柴定食は売り切れです。

こちらは厨房です。この左手で何人もの人が調理していました。

営業日は金曜日、土曜日、日曜日、祭日のみで、営業時間は11時から14時までです。

30分ほど並んで、ようやく順番がやってきました。今回は煮穴子定食にしました。注文をした時、穴子の残量を確認していたので、そろそろ底をついていたのかもしれません。午後12時40分頃です。

なんとか受け付けてもらうことができて、番号札を受け取りました。

ここからがまた長いです。調理にはとても時間がかかるようです。こちらのお店に来る時は開店と同時を狙うか、時間にとても余裕がある時に来るのが良いと思います。

こちらは、かき揚げとピーマンの揚げ物です。かき揚げにはイカも入っていて、歯ごたえがありました。

こちらが煮穴子です。とっても大きい穴子ですが、しっかりと煮込まれており、とろけるような歯ごたえでした。

相方の煮穴子が少し小さめでしたので、店員さんがイカのてんぷらをサービスでもってきてくれました。

【2016年6月11日追記】

土曜スペシャル

今日の土曜スペシャルを見ていると、江ノ島、鎌倉、八景島周辺の漁港を特集する番組を放送していました。片瀬漁港や柴漁港でどんな人が魚を買いに来るのかを待ち受けて、魚を選んでいる人に声を掛け、取材に協力してくれた料理人の人へインタビューをするとともにお店まで押しかけてしまうという番組です。

柴漁港では門の前にあるパン屋や取材をしたあと、漁港の取材を実施していました。もちろん、小柴のどんぶりやも紹介されています。

小柴のどんぶりや|横浜市金沢区 横浜金沢観光協会
小柴のどんぶりやのご紹介。神奈川県横浜市金沢区:横浜金沢観光協会では地元金沢区にある多くの歴史的・文化的資産&豊かな観光資源を有効に活用し「地域から発信する観光のまち金沢」の実現に向け、様々な事業を展開しております。

【2021/02/21追記】

横浜南部市場

アド街で横浜南部市場を特集していましたが、こちらの食堂でも小柴の穴子が食べられると紹介されていました。

八景島近くの「小柴のどんぶりや」の情報

住所〒236-0012
神奈川県横浜市金沢区柴町397
電話番号045-701-8182
営業時間
定休日
公式サイト横浜市柴漁港 小柴のどんぶりや
地図

[地図はこちらから]

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント