三鷹の末広でロースカツ定食

三鷹市の深大寺は調布の深大寺とかなり離れたところにあります。武蔵境通りから山中通りに少し入ったところに、末広という中華料理店があります。以前から前を通った時に気になっていたのですが、先日、初めてお店に行ってみました。山中通りから少し路地を入ったところにコインパーキングがありますので、そちらに車を停めました。住宅街にあるコインパーキングです。

そこから歩いて1分もせずにお店があります。

日曜日の午後2時ごろでした。お店に入ると、「ごめんなさい。今日は品切れになってしまったメニューが多いです。麺類は一人前、あとは唐揚げ、レバニラやロースカツになります」ということでしたので、ロースカツ定食を注文しました。お盆休みの週でしたので、仕入れた量が少なかったのかもしれません。

こちらがメニューになります。こちらの面が定食や丼もの、ご飯ものです。

こちらが麺類です。ラーメンセットもあります。

山中通りは基督教大学に行くバスも通る道で、大きな車が走ると少しお店が揺れました。店内は四人がけのテーブル席が2つと、厨房を取り囲むようにカウンター席があります。カウンター席には先に来たお客さんが一人いました。

奥からジャージャーとレバニラを炒める音が聞こえてきました。

後から来たお客さんは常連さんらしく、特に準備できるメニュー少ないことは説明していませんでした。もしかすると、この時間帯では暗黙の了解事項なのかもしれません。

こちらがロースカツ定食です。ロースカツの量は普通でした。

ただ、ご飯の量はものすごいです。普通の茶碗から考えると、4杯分弱ありそうです。

レバニラ炒めはものすごい量でした。普通の一人前から考えると、3人前くらいありそうです。

コメント