東久留米の「れんげ食堂Toshu」で天津飯(スープ付き)

スバジアムジャポンでお風呂と岩盤浴を堪能した後、隣接したアクロスプラザに出店している、れんげ食堂Toshuに寄りました。スバジアムジャポンでお昼ご飯を食べましたが、午後5時半ごろになってお腹が空いてしまいました。

こちらの、れんげ食堂ではPayPayを使うことができるので、キャンペーンを利用することで実質2割引になってお買い得です。

今回はシンプルに単品の天津飯にしました。スープも付いてきます。

先日に来た時も、天津飯を食べたのですが、ふわっとした卵の味が美味しかったので、また食べたいと思っていました。

そして、オーダーしてから10分ほどで料理が運ばれてきました。

やはり、ボリュームも多くて美味しそうです。

カニカマがのっているのも、よく天津飯の雰囲気が出ています。中国の天津には天津飯はなくて、あくまでも日本のオリジナルだという話を聞いたことがありますが、実際はどうなのでしょう。

とにかく、卵がいっぱい使われていて、フワフワです。また、上からかかっている餡の味も少しだけ甘みがあって、卵とよく合います。

こちらが付属のスープです。

食べ進んで行くと、結構なボリュームに驚きます。大きな丼にご飯を盛った程度の分量はありそうです。

こちらは、れんげセットの天津飯です。

こちらの天津飯はミニサイズになっているので、天津飯をガッツリと食べたい時には単品の方が良いかと思います。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
グルメ
スポンサーリンク
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント