東久留米のブロンコビリーで日曜日のランチ

12月の日曜日、午後1時ごろに東久留米にあるブロンコビリーに行きました。駐車場には空きがあったのですが、なんと受付では16組み待ちでした。待ち合わせロビーも大混雑です。株主優待券を消化する目的もあったので、このまま待つことにしました。店舗がこれだけ元気なのは嬉しい限りです。

待ちきれずに立ち去ったお客さんもいたようで、意外と先に進んでいきます。店内はクリスマスミュージックが軽快に流れていました。子どもを連れた家族が多いです。お爺さん、おばあさんと来ている家族も目立ちました。

サラダバーのコーナーには大きなテレビモニターが三つ並べられていて、新鮮な野菜を使っていることをアピールする映像が流れています。

待ちながらメニューは決めてしまいました。こちらの炭焼き粗挽きビーフハンバーグランチを注文します。

サラダバーと大かまどご飯、スープが付いてきます。サラダバーもあるのでハンバーグの大きさは210グラムにしておきました。

約30分ほど待ったところで順番が回ってきました。サラダバーの真ん前のテーブル席になりました。

ブロンコビリーのサラダバーは15周年です。

最初は1985年にサラダバーを導入したあと、2000年にコスト削減のためにサラダバーを廃止、2004年にサラダバーを復活させて今に続いています。15周年を記念して、過去15年の中で人気だったサラダを復活させるイベントを実施していました。ツナスパ、若葉のしずくサラダ、サクサクポテトのチーズ揚げ、杏仁豆腐、冬ネギの台湾まぜそば風パスタなどが再現されます。

注文したあと、サラダバーのお皿を持ってきてくれます。さっそく、サラダバーからサラダをもらってきました。

ランチセットのスープが運ばれてきました。

ステーキソースです。

ときどき店内ではバースディソングが流れます。キッズクラブに入っていれば、お誕生日に届けられる葉書を持参することで特典がもらえるようです。

サラダバーをお代わりしました。

お肉が運ばれてきました。最初は1本の丸太のようなハンバーグなのですが、店員さんが二つに割ってくれます。

やはり、お肉の歯応えが存分に残っていて、美味しいです。

ご飯は大盛にしました。小さな茶碗にてんこ盛りになって運ばれてきました。ちょっと恥ずかしいです。

さすがに魚沼産コシヒカリを売りにしているだけあって美味しいご飯です。適度な粘り気に美味しい歯応えがバッチリでした。

続いて、デザートをもらってきました。こちらは果物です。オレンジとパイナップルがありました。

杏仁豆腐です。なんとなく、ざらざらした舌触りです。普通の杏仁豆腐とは違うようですが美味しいです。

コーヒーゼリーです。

ごちそうさまでした。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
グルメ
スポンサーリンク
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント