埼玉県ときがわ町の都幾川四季彩館で日帰り温泉

旅行

12月にグルーポンで埼玉県ときがわ町の都幾川四季彩館な日帰り温泉が楽しめるチケットを販売していたので、購入しました。日帰り温泉とドリンク一杯を楽しめるチケットです。

ときがわ町は埼玉県中部にある人口約1万1千人の町です。越生町、鳩山町、東秩父村などと隣接しています。河川はその名の通り、都幾川や雀川が町内を流れています。2006年に比企郡玉川村と比企郡都幾川村が合併して誕生しました。

温泉は今回紹介する四季彩館以外に昭和レトロな温泉銭湯玉川温泉などがあります。こちらに玉川温泉のレポートがあります。

湯郷 玉川温泉に行きました
 温泉博士の8月号を使って、埼玉県のときがわ町にある湯郷 玉川温泉に行きました。今回は大泉から関越道にのって、東松山インターチェンジまで行き、そこからは一般道で現地に向かいました。途中、以前行ったことがある平成楼のまえを通りまし...

2名分のチケットが一緒になっていて、しかも更に3割引というキャンペーンを実施していたので、実質は200円程度で入館することができました。(通常は大人820円です)

こちらの都幾川四季彩館には何年か前に温泉博士という雑誌についていた温泉手形を使って日帰り入浴を楽しんだことがあります。こちらがその際のレポートです。

都幾川の四季彩館で日帰り温泉
温泉博士12月号の温泉手形で無料入浴できる施設の中から、埼玉県の都幾川にある四季彩館というところへ行ってきました。今回は関越自動車道がかなり渋滞しているようでしたので、高速道路は使わずに一般道で現地を目指しました。所沢のあたりも混ん...

今回は1月3日の午前10時半ごろに現地に着きました。すでに駐車場には何台か停まっています。

受付でグルーポンのチケットをスマホで提示すると、番号を手で控えていました。バーコードリーダーが無いようで、大変そうでした。この日は3時間の時間規制がありました。

浴室はこの廊下の奥にあります。廊下の両側には陶器が展示されていました。

足湯もあります。かなり細長い浴槽になっているので、たくさんの人が足湯を楽しめそうです。テーブルも付いています。足湯に浸かりながら、スマホで調べこともできそうです。

足湯の前には石灯籠などもありました。

浴室の手前の部屋には貴重品用ロッカーと手荷物用ロッカーがありました。コインもいらない無料のロッカーです。

お風呂の方は内湯に浴槽が1つ、露天風呂が1つという構成でした。内湯には洗い場が4つ、足らなかったようで露天風呂の横にも洗い場が増築されていました。

サウナなどはありません。ひなびた温泉宿のようなイメージです。

温泉は無色透明ですが、とても肌がヌルヌルとしています。ナトリウム-塩化物冷光鉱泉です。

お風呂から上がったあとは、受付横の座敷で休憩しました。テレビでは箱根駅伝が流れていました。

コーヒーなどを一杯だけ飲むことができます。

この日は午前中から混雑していましたが、ゆっくりとできて良かったです。

Related posts

お願い

緊急事態宣言またはまん延防止等重点措置期間等、何らかの事情で休業、営業時間の変更、メニューの縮小等が行われている可能性があります。

また、ここに掲載している情報は記事投稿時点の情報になりますので、最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

埼玉県ときがわ町の都幾川四季彩館で日帰り温泉の情報

住所〒355-0352
埼玉県比企郡ときがわ町別所556−1
電話番号
営業時間
定休日
参考サイト
地図

[地図はこちらから]

シェアする
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント