新しくなった道の駅 上野で「いのぶた丼」

グルメ

先日、長野県の佐久穂から国道254号線で下仁田に行き、そこから群馬県の上野村へと行きました。午後2時を過ぎてお腹も空いてきたので食べられるところを探していると、道の駅 上野がありました。実は道の駅 上野は1994年に群馬県で最初に登録された道の駅です。

スポンサーリンク

道の駅上野はリニューアルオープン

以前から前の道を通っていたのですが、建物が新しく、大きくなった気がします。隣にはJAのガソリンスタンドがオープンしていました。調べてみると、2018年に一部が仮オープンして、既存の建物を壊しながら新しい建物を作ることを繰り返し2年くらいでリニューアルを行いました。

リニューアルによって売店の面積は約さんばいから4倍、レストランは約2倍から3倍の広さになりました。

レストラン

まずはレストランへと行きました。午後3時で終了でしたので危ないところでした。レストランは地元の食材を使ったメニューを味わうことができます。各種の猪豚料理、十石みそソフトクリームはチーズのようなコクがあって人気があるそうです。

こんなに綺麗で近代的なレストランになりました。

最初にレジに行って注文と精算をすると呼び出し機がもらえます。フードコートと同じ方式でした。

今回はいのぶたソースカツ丼を注文しようとしたところ、売り切れでしたので、いのぶた丼を注文しました。850円です。

猪豚はイノシシの父親と豚の母親を掛け合わせた子どものことで、上野村では約50年前から飼育されています。

5分ほどで呼び出し機がなりました。こちらがいの豚丼です。

こちらの、いの豚丼、肉が厚手で、しかもイノシシから連想するような野生のニオイはありません。柔らかくて、奥行きのある味です。

お味噌汁もついています。

お新香になります。

きゃらぶきも付いています。

マスコットキャラクターも大きなマスクをしていました。

売店でも猪豚関係の商品を売っています。

猪豚もつ煮込みも美味しそうです。

猪豚カレーもありました。黒いパッケージで格好が良いです。

くるみゆべしなどもあります。

群馬県はこんにゃくも有名です。

木工品を販売しているショップもありました。こちらは積木です。ジェンガもできます。

ギフトセットも喜んでもらえそうです。

新しくなった道の駅 上野、以前よりも増して、大変に快適に過ごせる場所になりました。

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
このブログをフォローする
スポンサーリンク
関東周辺の日帰り旅行

コメント