伊香保温泉のホテル天坊に行きました

シェアする

伊香保温泉のホテル天坊

温泉博士の1月号についていた温泉手形を使って伊香保温泉のホテル天坊にいって来ました。所沢インターチェンジから関越自動車道を利用しました。

クリスマスイブの日だったのですが、関越道は思いのほか空いていました。そして、藤岡ジャンクション、高崎ジャンクションを過ぎて渋川伊香保インターチェンジで関越道を降りました。ここからは、一般道で30分もかからず着きます。


駐車場は全部で370台分があるようなので、クルマを停めるところに困ることはなさそうです。そのままホテルまで向かうことにします。

ホテルには11時10分前につきました。駐車場は空いていました。

ホテル天坊の駐車場

日帰り温泉は11時からになります。湯遊びの館 天晴が使えるということでしたのでそちらの受付にいってみました。

駐車場側からの入口

入浴料はこちらの写真の通りになっています。

ホテル天坊の日帰り入浴料

館内の廊下は赤いカーペットがひかれていて、とても綺麗になっていました。

ホテル天坊の廊下

こちらが天晴の湯の入口です。

天晴れの湯の入口

天晴れの湯

靴は入浴中に殺菌して貰うことが出来ます。

紫外線殺菌の靴置き場

入口の奥は広間になっていて、休憩ができるようになっていました。

天晴れの湯の休憩所

受付はすでに始まっていて、温泉博士を提示して追加の100円を支払いお風呂へと向かいました。

お風呂へと続く廊下

受付の近くに貴重品ロッカーがあります。ここから先、脱衣所にもロッカーはありませんので、貴重品はすべてこちらのロッカーに入れておきます。

改装が行われているようで、とても館内は綺麗です。和の雰囲気に統一されていて、とても落ち着きます。

ホテル天坊 天晴れの湯の脱衣所

浴室の配置はこちらのようになっています。

浴室の配置

こちらの温泉には伊香保の2種類の源泉からお湯がひかれています。

・硫酸塩泉:黄金の湯
・メタけい酸単純泉:白銀の湯

こちらが黄金の湯がひかれている浴槽です。

黄金の湯

黄金の湯の泉質

この部屋は片側全面が窓になっていますので、とても開放感があります。

開放感のある浴室

こちらが「しろがねの湯」になります。

しろがねの湯

サウナは低音サウナです。汗はあまり出ませんが、長い時間、ゆっくりと入っていることが出来ます。サウナ室のすぐ横には水風呂もあります。

露天風呂のエリアも変化にとんだ浴槽が準備されていて、こちらも気持ちが良かったです。日帰り温泉の施設としても、かなりこちらの温泉は優れていると思います。

http://www.tenbo.com

伊香保温泉のホテル天坊に行きました の情報

2012年04月14日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所 〒377-0102
群馬県渋川市伊香保町伊香保396−20
電話番号
営業時間
定休日
HPアドレス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク