ららぽーと横浜の「マンゴーツリーキッチン」で鶏のガパオとタイの麺

シェアする


4月初旬の雨の日の日曜日に、ららぽーと横浜に行きました。道の逆側にいたので、駐車場に入るのは大変かと思っていたのですが、クルマが道を横断するための橋があるので簡単に入場することができました。なかなか考えられています。

まずは混雑しないうちに二階のフードコートに行ってみました。こちらのフードコートには下記の10店舗が入っています。

  • シラス問屋とびっちよ
  • 梅蘭(独特の焼きそば)
  • 本家あべや(秋田比内地鶏)
  • 利久(牛タン)
  • 南国酒家(つゆそば)
  • 世田谷宮川(鰻)
  • マンゴーツリーキッチン(タイ料理)
  • 浅草今半(すき焼き)
  • とんかつまい泉(箸で切れるとんかつ)
  • 飯倉アルカフェキャンティ(パスタ、洋食)

最近、江の島に本店があるとびっちよがいろいろなショッピングモールのフードコートでお店を出し始めています。知っているだけでも辻堂のテラスモール湘南、ららぽーと富士見で見ました。


こちらのフードコートの仕組みは普通とは違いました。フードコートの周りに長い行列を作らせて、最初に注文しない限りはフードコートのエリアに入ることができません。


15分ほど待って、銀行の窓口のようなところで注文をします。オーダーなしでフードコートスペースを利用する人や空きテーブルを荷物だけで長時間占拠するようなお客さんがいなくなるので、スペースは有効活用できているように見えます。

また、フードコート内の各店舗は出来上がった料理を客に渡すだけで済むので、混乱しにくくなるところも利点と見ました。

今回はマンゴーツリーキッチンの鶏のガパオを注文しました。タイの麺つきです。

席の方もキッズスペースやバーエリアなど雰囲気の違う区画に区切られています。


マンゴーツリーはタイの首都バンコクに本店があります。約100年前に建てられた邸宅を改装して1994年に開業したそうです。マンゴーツリーキッチンはこのタイにあるマンゴーツリーの姉妹店として国内で展開しています。

席で待っていると、10分ほどで呼び出し機が鳴りました。マンゴーツリーキッチンのお店に行きます。そして出来上がった料理がこちらです。

ガパオも汁そばも器は小さめでした。ハーフサイズを組み合わせて一人前にした様子です。

ガパオはタイ米が使われていて本格的でした。肉の部分がとても辛いです。自分で唐辛子を振り掛けたのですが、かけなくても十分でした。

汁そばの方も辛いです。パクチーの味がアクセントになり、格別の美味しさでした。

  

こちらは単品のガパオです。

ららぽーと横浜の「マンゴーツリーキッチン」で鶏のガパオとタイの麺 の情報

2016年04月06日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所 〒224-0053
神奈川県横浜市都筑区池辺町4035−1
電話番号 045-931-1000
営業時間
定休日
HPアドレス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク