箱根の湯の里おかだで日帰り温泉

シェアする

温泉博士の3月号を使って、箱根にある湯の里おかだに行きました。以前、バイキングランチ付きのコースで来たことがあります。今回は日帰り温泉だけの利用です。3月1日の土曜日は朝からあいにくの小雨模様でした。しかし、東名高速は東京インターから大和トンネルあたりまでが長い渋滞です。仕方がないので、一般道で圏央道の相模原愛川インターまで出て、そこから圏央道→東名道→厚木小田原道路というルートで箱根まで行きました。湯の里おかだに行く道はとても狭いので、対向車や人に十分に注意する必要があります。

20140301-125826.jpg

施設の近くまで来ると、さらに道が分かりにくくなります。ホテルおかだの方には行かず、湯の里と書いてある方へ行きます。そして坂道を登って行くと、駐車場がありました。

20140301-130016.jpg

建物の近いところにも駐車場がありますが、こちらは停めるところが斜めになっているのでいまひとつです。

20140301-130108.jpg

20140301-130240.jpg

一階が受付です。こちらで、温泉博士を提示して入館しました。普通は大人が1400円です。

20140301-130413.jpg

お風呂の方は、野天岩風呂、ジェット浴槽、打たせ湯、泡風呂、サウナ、水風呂、掛け湯などがありました。

サウナはかなり広くて、かつカラッとしています。汗をかいてもすぐに乾いてしまう感覚でした。他の人がサウナをあまり使っていなかったので、湿気が少なかったのかもしれません。

泉質は弱アルカリ性単純温泉でpHは8.0です。自家源泉だけでも5本をもっていて、一日の湧出量は40万リットルにも及ぶそうです。これをホテルと湯の里で分配して使っているのでしょう。

お風呂からあがった後は、三階の休憩室に行きました。リクライニングチェアが置いてある部屋や、少し暗くなった畳敷きの部屋があります。

20140301-182456.jpg

休むためのスペースが広めにとってあるので、ゆっくりとすることができました。

箱根 湯本 日帰り温泉「湯の里おかだ」公式サイト
箱根湯本の日帰り温泉は「湯の里おかだ」へ。眺望の良い露天風呂からは湯坂山を一望でき、箱根の四季を愉しむことができます。プラズマ湯、ジェット湯などの豊富な種類のお風呂が自慢。近く小田原で捕れた海の幸も美味。

周辺の情報はこちらからどうぞ。
周辺の情報はこちらのキーワードからどうぞ


箱根の湯の里おかだで日帰り温泉 の情報

2014年07月09日時点の情報です。最新の情報は公式サイト等でご確認ください。

住所〒250-0312
神奈川県足柄下郡箱根町湯本茶屋191
電話番号
営業時間早朝 6:00~9:00 / 11:00~23:00(最終受付22:00)
定休日
HPアドレス

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク