寺家ふるさと村に行きました

寺家ふるさと村

コストコの多摩境倉庫店に行ったあと、少し時間に余裕があったので、そのまま「寺家ふるさと村」というところに行ってきました。四季の家というところに駐車場があります。まずはそこに向かいました。

寺家ふるさとの村 駐車場

この駐車場はそんなに広いわけではないので、かなり離れたところに臨時駐車場も準備されているようです。私たちがこちらに着いたのは午後3時頃だったこともあって、この四季の家の駐車場にかなり空きスペースが出来ていました。


ラフェスタを停めた後、まずは四季の家に向かってみます。簡単な付近のことを伝える展示があるのと、また、ちょっと立派な和食屋さんが併設されています。

和食屋さんのメニュー

四季の家を見た後、今度は「ふるさとの森」の方へと向かいました。下の写真のような道を歩いていきます。

ふるさとの森へと続く道

やがて歩いていくと、熊野池というところに出ました。こちらはヘラブナ釣りが出来るようになっています。

熊野池
ため池の案内板

釣り堀を子どもとやってみようかとも思ったのですが、中を見てみると、ちょっと本格的な釣り堀のようで、子どもを連れて行く感じでも無かったので、今回は行きませんでした。仕方がないので、今度は里山の方へと入ってみます。

里山へと続く道

里山とは言ってもそんなに高い山ではありません。10分もしないうちに尾根に着いてしまいます。尾根伝いに道がありますので、ここを歩いてみると、途中で行き止まりになってしまいました。本当は熊野神社へ行けるはずなのですが、今ではその道を通ることが出来ないようです。

ふるさと村の案内図

別の道から「むじな池」の方へと向かいました。そこから少し歩くと田んぼのエリアになります。

寺家ふるさと村の田んぼ

この田んぼ沿いの道を歩いて、もとの四季の家へと向かいました。全部で1時間弱の散歩になりました。横浜市とは思えないようなのどかな雰囲気が残っています。息抜きが出来ました。

寺家ふるさと村とは

【2013/10/20追記】

BSテレビで放送されている粋男流儀という番組で神奈川の特集があったのですが、この前編で寺家ふるさと村が出てきました。最初に茶室でお茶を楽しんだあとに、楽焼きをして陶器に絵付けをします。そのあとは、里山の中をドライブするという構成になっていました。そのあとは、押し花レストラン ホワイトガーデンというところに行きました。調べてみると、たまプラーザの駅の方です。

秋の味覚がつまったランチを食べたあとに、押し花の体験をするという内容になっていました。こちらがお店の公式サイトになります。

☆柳川おし花学園_ホワイトガーデン

最近、寺家ふるさと村に行っていないので、そろそろ行ってみようと思います。

この記事が気に入ったら、
いいねをお願いします!

寺家ふるさと村に行きましたの情報

住所〒227-0031
神奈川県横浜市青葉区寺家町414
電話番号
営業時間
定休日
公式サイト
地図

[地図はこちらから]

旅行
このブログをフォローする
関東周辺の日帰り旅行

コメント